お金借りる為の方法

専業主婦がお金借りる方法!審査落ちしないノウハウを公開中

夫がどんなに安定した収入を稼いでいても、出費が度重なると「今月、生活費が足りない!」と危機感を感じたことのある主婦の方は多いのではないでしょうか。

例えば、

「クレジットカードで買い物しすぎた!」
「結婚式が今月3回もある!」

など、普段以上にお金が必要になるケースは珍しくありません。

家計をやりくりする専業主婦にとって、お金のピンチを夫に知られたくないという方もいらっしゃいますよね。しかし、そんな場合、無収入の専業主婦はお金を借りることができるのか、誰にも知られずお金借りる方法などをチェックしていきましょう。

この記事で分かること

  • 専業主婦がお金借りる方法
  • お金を借りられるところ
  • メリットやデメリット
  • 夫にバレずにお金借りる方法
まさに困っていました…!教えてください~

専業主婦がお金借りる方法はない?

一般的にお金借りる方法といえば「カードローン」を思い浮かべる人は多いでしょう。しかし、カードローンは貸金業法である総量規制によって、無収入の人は借入れすることができません。

総量規制とは、借入額が年収の3分の1以上貸付ができない法律です。専業主婦の場合、年収が0円になるためカードローンの利用はできないのです。

専業主婦がお金借りられないのは「貸金業者」

収入のない専業主婦はカードローンを利用できないと思われがちですが、総量規制が適用されるのは「貸金業者(消費者金融や一部のクレジットカード)」のみです。

カードローンのサービスは、消費者金融以外にも提供されています。

・銀行
・信用金庫
・労働金庫など

消費者金融は銀行カードローンに比べて「審査や借入れ条件が厳しくない」といわれますが、収入のない人の申込みをお断りしています。

たとえ申し込みできても、審査で「無収入」とわかると契約できずに終わるでしょう。申込み回数は信用情報機関に記録され、何度も申込みすると今後のローン申込みに影響するので気をつけてください。

えっ!銀行で借りられるんですか!?

専業主婦がお金を借りるなら「銀行系カードローン」!

銀行が提供するカードローンは、銀行法により総量規制の対象外です。つまり、収入のない専業主婦でもお金借りることができます!

専業主婦がお金借りる際は、次のポイントをチェックしてください。

・WEB完結
・月々の返済額
・口座開設の有無

夫にバレず、しかも手間なくお金を借りられます。収入のない専業主婦におすすめする銀行系カードローンをご紹介します。

スルガ銀行 イオン銀行 セブン銀行 みずほ銀行 三菱UFJ銀行 楽天銀行 オリックス銀行
金利 年3.9%~14.9% 年3.8%~13.8% 年15.0% 年2.0%~14.0% 年1.8%~14.6% 年1.9%~14.5% 年1.9%~14.5%
融資時間 最短1日 最短2日 最短1日 最短2日 最短2日 最短2日 最短2日
限度額 800万円 800万円 50万円 800万円 500万円 800万円 800万円
WEB完結
口座開設 不要 必要 必要 必要 不要 不要 不要
月々の返済額 3,000円~ 1,000円~ 5,000円~ 2,000円~ 1,000円~ 2,000円~ 7,000円~

※月々の返済額は、金利によって異なる可能性あり

スルガ銀行カードローン(リザーブプラン)

おすすめポイント
・手持ちのTカードで申込みできる
・返済は全国のコンビニATMで対応
・書類や来店不要で契約完結

金利 3.9%~14.9%
融資時間 最短1日
限度額 800万円
ポイント Tカードがあれば口座開設なし

スルガ銀行カードローン「リザーブプラン」は、Tカードに貯まったポイントで返済できます。しかも、毎月の返済でTポイントが貯まるお得なカードローン!ポイ活中の専業主婦には嬉しいサービスがたくさんあるので、初めての借入れも無理なく利用できます。

イオン銀行カードローン

おすすめポイント
・コンビニATM手数料0円
・1,000円から借入れや返済OK
・口座があれば融資時間は最短2日

金利 年3.8%~13.8%
融資時間 最短5日
限度額 800万円
ポイント トップクラスの低金利

イオン銀行カードローンは、スマホがあれば申込みや書類の提出などすべてインターネット完結できます。イオン銀行の普通預金口座を持っている人なら、振込融資が利用できるのでとってもスピーディーです。

セブン銀行カードローン

おすすめポイント
・24時間365日利用可能
・借入れや返済手数料0円
・振替で借り入れすると1円~OK

金利 年15.0%
融資時間 最短1日
限度額 50万円
ポイント コンビニで手軽に借入れできる

セブン銀行カードローンは他よりも限度額が低めですが、セブン銀行ATMは原則24時間利用できるので便利です。借入れ単価は1円単位(普通預金へ振替)からなので、必要な分だけお金を借りられます。

みずほ銀行カードローン

おすすめポイント
・安心の大手銀行カードローン
・口座がなくても同時申込みできる
・条件によりATM時間外の手数料無料

金利 年2.0%~14.0%
融資時間 最短2日
限度額 800万円
ポイント 銀行キャッシュカードで利用できる

大手銀行のみずほ銀行カードローンは、毎月4回まで利用手数料が無料なので、ムダなお金を支払わずに利用できます。目的ローンと違い、使いみちは自由!趣味のお金が足りない、ママ友とのランチ代が足りない時に、みずほ銀行キャッシュカード1枚で借入れできます。

三菱UFJ銀行カードローン(バンクイック)

金利 年1.8%~14.6%
融資までの時間 最短2日
限度額 500万円
ポイント 口座がなくても利用できる

三菱UFJ銀行カードローン「バンクイック」は、24時間インターネットから申込み可能です。口座がなくても専用カードでコンビニATMから利用でき、しかも手数料無料です。最低1,000円から返済できるので、生活費を圧迫することなく利用できますよ。

楽天銀行カードローン

おすすめポイント
・返済口座を他行口座に選択可能
・ATMやネットの利用手数料0円
・返済日が給料日に合わせて選べる

金利 年1.9%~14.5%
融資までの時間 最短2日
限度額 800万円
ポイント 時間とコストカットで利用できる

楽天銀行カードローンは、口座開設しなくても現在使っている他行口座で利用できます。24時間利用でき、しかも利用手数料が0円!お金を借りるために時間を作ったり、ムダな手数料を支払わったりせず借入できるのは専業主婦の強い味方です。

オリックス銀行カードローン

おすすめポイント
・大手銀行カードローンなのに口座開設なし
・指定口座に振込融資してもらえる
・ATMからの返済手数料0円

金利 年1.7%~17.8%
融資までの時間 最短2日
限度額 800万円
ポイント 担保・保証人不要で便利

オリックス銀行カードローンは、他の銀行同様に担保や保証人不要で利用できます。口座開設など手続きなく申し込みできるので、「お金が必要!」と思った時に便利です。審査結果はメールでも対応してくれるので、夫や家族に知られたくない専業主婦におすすめです。

専業主婦がお金借りるのに必要なもの

無収入の専業主婦でも夫に安定した収入があれば、銀行カードローンへ申し込みできます。審査や契約するために、いくつかの書類が必要なので確認しましょう。

書類 必要なもの
本人確認書類 ・運転免許書
・パスポート
・個人番号カード※マイナンバー
・健康保険証
所得証明書類 50万円以上の融資希望の人、他社の融資額の合計が100万円以上の人のみ
・収入証明書
夫との結婚を証明する書類 ・住民票
・戸籍謄本など
夫の同意書 銀行カードローンによって不要
※書類は申込時に発行
確定申告書類関係 夫が自営業や会社経営者の場合
・確定申告書
・納税証明書
・課税証明書
・住民税決定通知書

専業主婦がお金借りる時、夫の収入を証明する書類は不要です。夫の同意書の提出を求めない銀行カードローンが多いので、知られたくないのであれば必要書類の少ないカードローンがおすすめです。

あ、収入の証明書や同意書は必要ないところが多いおいんですね!良かった~

専業主婦が銀行カードローンでお金を借りるメリット


専業主婦がお金借りる際、なぜ銀行カードローンがおすすめなのでしょうか。メリットと理由について、詳しく解説します。

家族に内緒で契約できる

収入のない専業主婦がお金借りる場合、夫の収入の有無によって利用できるか決めます。そのため、銀行側が夫側へ「奥様がカードローンを利用しますよ」と連絡するかと思いますが、実はそんなことは一切ありません。

なぜなら、申し込みしたのは妻本人だからです。

カードローンの申込情報は、利用者本人と金融機関しか知りません。家族に知られずに利用できるのは夫に知られたくない人にとっては最大のメリットといえるでしょう。

口座開設は面倒だから今あるものでできるのは助かります!しかも低金利なんですね!

口座があれば開設する必要なし

普段利用している銀行のカードローンを利用すると、口座を開設せずにお金を借りられます。

口座開設は書類提出など、なにかと手間や時間がかかってしまいます。口座開設してからお金を借りる申し込みをするとなれば膨大な時間が必要になるでしょう。

銀行カードローンの多くは、口座開設なしで利用できるため便利です。

無収入でも低金利で借りられる

通常であれば、無収入ではお金を借りることはできません。銀行カードローンの利用は、夫が安定した収入のある専業主婦だけの特権ともいえます。

しかも、銀行カードローンは消費者金融に比べて低金利。普段からお金の管理をしている銀行口座ですべて取引ができるなど、利用のメリットはたくさんあります。出費がかさみお金が足りない時でも、家族にバレることなく利用できます。

専業主婦が銀行カードローンでお金を借りるデメリット


専業主婦が銀行カードローンを利用するメリットはたくさんあります。しかし、一方で当然デメリットもあります。
利用してから悩みの種にならないためにも、事前にデメリットも確認しておきましょう。

専業主婦の借入は即日が不可能

銀行カードローンからの借入は、即日融資ができません。専業主婦という理由ではなく、アルバイトや派遣社員で収入のある人、1,000万円以上の高収入の人もみんな同じです。

専業主婦が即日融資できない理由

専業主婦が即日できないのには、次のような理由が関係しています。

・専業主婦は即日可能な消費者金融で借り入れができない
・銀行カードローンの審査は慎重
・ネットバンクも即日融資に対応していない

たとえ銀行の営業時間内にカードローンの申込みをしても、審査や契約完了するまで最短1~2営業日かかります。今すぐお金が必要な場合には大きなデメリットになるでしょう。

限度額は50万円未満が多い

一般的に、専業主婦がお金を借りられる限度額は50万円未満です。

収入のない専業主婦がお金借りる場合、夫の収入に対して限度額が決まります。銀行カードローンによっては、限度額が最高800万円と高い水準で記載されていますが、専業主婦が最高800万円借りることは難しいです。

申込時の限度額が高いほど、必要書類の提出数や審査時間が長引きます。銀行カードローンは低金利とはいえ、返済額は借入額より高くなるので計画的な利用が必要です。

延滞すると他のローンに影響する

専業主婦が銀行カードローンからお金借りる際、気をつけておきたいのが「延滞」です。延滞すると次のような状況に大きな影響を与えます。

・マイホームを購入するための住宅ローン
・新車購入に自動車ローン
・子供の進学で教育ローンを利用
・古くなった家を改築するためにリフォームローン

どんなローンにも必ず審査があり、申し込みすると信用情報機関へ過去と現在の状況を照会します。延滞は事故記録として残り、新しく申し込んだローンの審査で引っかかる可能性があります。

審査結果は夫にも知られるケースが多いので、延滞だけには注意しましょう。

借りに行く時も返す時も計画的にやらないとなんですね

専業主婦が夫にバレずにお金借りることは可能?

結論から言うと、専業主婦でも夫にバレずにお金を借りることは可能です!

両親や友人にお金を借りるなら夫に内緒にできますが、確認の電話など必要とするカードローンがなぜ夫にバレずに利用できるのでしょうか。

その理由とバレる可能性が高い注意点について解説します。

夫の勤務先に在籍確認の電話連絡はない

銀行カードローンは、連絡が必要な際は申込者本人にのみ連絡します。

専業主婦は夫の収入でカードローンを利用しますが、申込者は妻なので夫や夫の勤め先へ在籍確認しません。申込時、夫の名前や会社名など一切記入する部分がないので、銀行側も配偶者の情報は知り得ないのです。

申込者本人が夫や家族に利用していることを伝えない限り、バレる可能性は限りなく低いでしょう。

注意すべきは郵送物!

夫や家族にカードローンを利用していることは、ほぼバレないとお伝えしましたが、郵便物で知られる可能性があります。

銀行カードローンへ申し込みすると、契約完了に伴う書類などいくつか自宅へ発送されます。封筒には銀行名が明記されているケースが多く、郵便物をよく確認する夫の場合、勝手に封を開けてしまう可能性が考えられるでしょう。

専業主婦が夫にお金借りることがバレるタイミング

専業主婦がお金借りることをバレるタイミングと解決策をまとめました。夫に絶対お金借りることを知られたくない専業主婦は、ぜひ参考にしてください。

タイミング 注意点 解決策
契約書類(郵送) ・WEB完結でも郵送物の可能性あり
・銀行系の郵送物は社名を記載されやすい
「郵送物なし」のカードローンを選ぶ
カード発行 お金を借りるにはカードが必要 契約機でカードを受け取る
明細書 ・月々の利用状況が郵送される ・WEB明細に切り替えると安心
返済時 ・口座振替にすると通帳記載でバレる ・ATMか振込返済なら知られずにすむ
延滞 ・返済が遅れると督促状がハガキで届く ・絶対に返済日を忘れない

注意すべき点は「申込方法」です。WEB完結以外の銀行窓口などで申し込みすると、契約書類が自宅に発送される確率が高いです。

銀行カードローンを選ぶ際は、必ず「郵便物なし」「WEB明細」に対応しているところにしましょう。

郵便物!!盲点でした…確かに届きますよね!
「郵便物なし」「WEB明細」は必須ですね!

まとめ|専業主婦は家族に内緒でお金借りることができる!

専業主婦は申込先や申込方法に注意すると、夫や家族に内緒でお金借りることができます。

毎月の家計費のやりくりの中で、どうしても貯金ではカバーしきれない状況ってありますよね。銀行カードローンは消費者金融と違い低金利なので、返済時も家計費にダメージなく利用できます。

お金借りることを夫に知られたくない専業主婦の人は、ぜひWEB完結できる銀行カードローンを検討してみてください。

良かった~!銀行でバレずに借りられることがわかったから安心できました!