お金借りる為の方法

会社や家族誰にもバレずにお金を借りる&借りた後もバレない為の全知識

「お金を借りたい。でも、誰にも知られたくない」
「夫、親、兄弟、職場の同僚、近所の人・・・知られずに借りる方法はないかしら」
「内緒で借りて、借りたあともバレない方法はないかな」
そんな風に思っていませんか?

家族や友人、職場の人、近所の人にお金を借りたことをバレずに借りたいというニーズは意外とあるもの。
でも、そのノウハウって本当のものはあまり出回っていませんよね。

実際に、どうやって周りに内緒でお金を借りるのか。
今回は本当に使える本気のノウハウを考えてみたいと思います。ぜひ参考にしてください。

内緒でお金を借りる意見やイメージをツイッターで調査

会社にバレるタイミングはココ!

「お金借りる姿を会社の人にだけは、絶対に見られたくない!」と思うのはみんな同じです。
会社の人にバレると、部署内だけではなく会社全体に話が伝わってしまい、居心地の悪い中で仕事をしなくてはいけません。

会社の人にお金借りることがバレるタイミングは在籍確認です。

会社への在籍確認

お金借りる条件の一つに「返済能力がある人」があります。

安定した収入がある人を前提に貸付をおこなっていますが、本人確認のために会社へ在籍確認をします。
多くのカードローン会社は、社名ではなく個人名を名乗り在籍確認をおこないます。

そのため、会社の人に知られる確率は低いのですが、勘のいい人やカードローンからお金借りた経験がある人が電話を受け取ると、高い確率でバレるでしょう。
あわせて読みたい
在籍確認は怖くない
在籍確認なし【電話連絡なし】でお金借りる!アコムやプロミスはどう? しかし「カードローンをしたいけれど、勤務先にバレたくない」「営業でほとんど外に出てしまって電話に出られない」など都合が悪い場合も...

年末以外に会社に源泉徴収票をもらう

慎重に慎重を期すために、源泉徴収票を会社にもらう際にも気をつけなければなりません。

基本的に源泉徴収票は年末に発行されます。

去年の分を持っていれば問題ないのですが、源泉徴収を紛失している場合があります。
もしくは家族が確定申告用に預かっているなど。

こうしたケースでは源泉徴収票を再発行してもらわなくてはなりません。

会社にいうにせよ、家族にいうにせよ、「なぜ源泉徴収票が必要なのか?」と言われてしまう可能性があります。
家族にはバレるので会社で再発行してもらうのが良いでしょう。

そこで、「ビットコインで臨時収入があったので確定申告をしたいと思って」とか「家を買うので銀行に源泉徴収票が必要だと言われました」などの理由を提示しましょう。

とくにまだ家を買っていない人にとっては、家を買うので源泉徴収票が必要、という理由は非常に有効です。
誰にも怪しまれないですし、家を買う行為は誰でも考えることなので、安心です。

もしも買わないことをツッコまれたら、「良い物件がなかった」とでも行っておきましょう。

家族にバレるタイミングはココ!

カードローンからお金借りる理由は人それぞれ。
家族で相談して申し込むなら問題ありませんが、自分の趣味やお小遣いのために利用するなら、家族に絶対にバレないように注意しなくてはいけません。

お金借りるとき、家族にバレるタイミングは次の8つが関係しています。
  1. 本人確認書類のコピーに注意!
  2. 本人確認の電話に注意!
  3. 郵便物に注意!延滞は絶対ダメ
  4. パソコンの履歴にも注意!
  5. 口座引き落としの履歴でバレた!
  6. 住宅ローンなど夫婦2人の名義での審査で落ちた場合
  7. 目撃者に注意!店舗への行かないが基本
  8. 差し押さえになったらアウト

本人確認書類のコピーに注意!

カードローンの申し込み時、本人確認のために免許証やマイナンバー、パスポートといった書類のコピーを提出します。

インターネットからの申込みであればカメラで撮影したデータを提出ですが、契約機の場合、コピーが必要です。

本人確認書類のコピーは、大切な契約で利用するケースが多いので、家族に見つかると「なにに使うの?」と問われることがあるでしょう。

本人確認の電話に注意!

本人確認の電話は、会社のみならず自宅にもかかってきます。

電話番号を携帯ではなく固定番号を記載した場合は要注意!

固定電話に本人確認の連絡があるため、家族が初めに受話器を取ってしまうとバレる確率が高まるでしょう。

郵便物に注意!延滞は絶対ダメ


カードローンの契約が終わると、必要書類やATMの出金で必要なローンカードが自宅へ送られてきます。

郵便物に見慣れない銀行名や会社名が記載されていると、家族は不審に思うこと間違いなし!

インターネットで申込みすると「郵便物なし」というカードローンもありますが、延滞すると郵便物でお知らせが届くので気をつけてください。

督促状などの郵便物はダミーの金融機関名で郵送される

カードローンの返済が滞ると、圧着ハガキで督促状が自宅へ郵送されます。

延滞をしたときは、容赦なく電話がかかってきますし、自宅に督促状も送られてきます。
家族が開封する可能性は十分ありますし、それを配慮して親展で送るなどもしてくれません。そしてそれでも返済がなされないと、今度は会社に電話がかかってきます。
そうなったら会社バレ、家族バレは近いでしょう。

これは、たとえプロミスやSMBCモビットであったとしても、連絡は容赦なくやってきます。
延滞を起こしたときは家族バレが避けられないですし、下手すれば会社にもバレてとてもやっかいなことになります。

借りたお金を返していないということは社会的信頼を失うという行為です。もちろん、一度や二度程度の延滞ならば問題はないのですが、数度になり連絡も怠るという事態に進展すると、ブラックリストになってしまいます。

ブラックリストになると大変な事態が発生します。

たとえば、結婚して家を買おうと思ってもローンが組めませんし、自動車も現金で買う必要があります。
そして携帯電話・スマホの契約も分割払いができなくなるため、お得な月月割を受けることができなくなるのです。

お金がないところに加えて更に分割が使えないとなればとても不便な生活を送らなければなりません。

それにもうカードローンで借りることができなくなります。

とても不便なので延滞だけは起こさないようにしましょう。

銀行カードローンなら銀行名が記載されていますが、消費者金融は聞き慣れない金融機関名で郵送されます。

家族が受取り見たことのない金融機関名だと、逆に怪しまれるので注意しましょう。

ダミーの金融機関名一覧

レイクALSA ⇒ 新生銀行
アイフル ⇒ AIセンター
プロミス ⇒ 事務センター
アコム ⇒ ACセンター
SMBCモビット ⇒ MCセンター

増額案内のハガキに注意!

カードローンを何度か利用し信頼が増すと、金融機関から「増額しませんか?」と案内ハガキが自宅に届きます。

この手紙を家族に見られ、バレてしまう人が非常に多いので注意!

増額ハガキが届かないようにするには、「不要な案内状を送らないように伝える」「郵便物なしのカードローンへ申込み」方法が必要です。

パソコンの履歴にも注意!

WEB契約は、誰にもバレることなくカードローンを申し込めますが、家族共有のパソコンからアクセスすると「パソコン履歴」に記録が残ってしまいます。

パソコンの履歴を毎回チェックする人は少ないのですが、普段あまり使わない人がパソコンの操作をしていると、家族は「なにを閲覧していたのかな?」と気になるものです。

パソコン履歴でカードローンのサイトを閲覧していたことがバレ、夫婦喧嘩に発展するケースも少なくないため気をつけてください。

口座引き落としの履歴でバレた!

いつも使っている銀行口座に、カードローンから直接振り込んでもらうと、通帳に「振込」と印字されます。

振込金額も一緒に印字されるため、家族に通帳記入を頼んだりその辺に通帳を放置しておいたりするとバレる可能性が高いです。

銀行口座の履歴は絶対に家族に見られないように注意するほか、通帳のないインターネットバンキングを利用すると安心ですよ。

住宅ローンなど夫婦2人の名義での審査で落ちた場合

借入額の大きな住宅ローンは、夫婦2人の共同名義で申込みするケースが多いです。
住宅ローンの審査はカードローンと同じく、過去と現在の借入状況を信用情報機関で照会します。

カードローンからお金を借りていると、住宅ローンの審査に影響するため要注意!

せっかくのマイホーム計画が台無しになるだけではなく、家族に内緒でカードローンを利用していたことがバレ、信頼度が下がってしまいます。

目撃者に注意!店舗への行かないが基本


カードローンの利用を郵便物や電話などで家族が知るのではなく、近所の人や知人の話によってバレるケースがあります。

お金を借りるために店舗や契約機へ出向く姿を「知り合いが目撃→家族に話が伝わる」という流れでバレます。
家族にバレたくなければ、基本的に店舗へ出向かない方がいいでしょう。

たとえばアコムやプロミスの店舗に入店することで、それを見られてしまい、まわりにバレるということが考えられます。
この時点で、アコムやプロミスの店に行くことはかなりバレる確率が高くなることを覚悟してください。

そもそもアコムは真っ赤な看板でかなり目立ちます。
そしてプロミスに至っては、嫌がらせのようにビルの1階にテナントとして入っていることが多いのです。

これでは、「私は借金をしたいです」といっているようなものですよね。

やはりサラ金といわれるだけあって、昔はあまり人目を気にしない人が借りていたのですが、あまりに大きな看板と目立つ入り口なので、周囲から見てすぐにわかってしまいます。

こっそりと入ろうとしても、噂好きな人はいますので、危険です。
まず消費者金融系の建物は避けましょう。

また、SMBCモビットも銀行の中に専用ATMがありますし、アコムも銀行の中にわざわざATMボックスを作っている場合があります。
インターネットで店舗を検索してこっそり入ろうとしても、銀行にいる人に丸見えになってしまいます。

差し押さえになったらアウト

カードローンの申込みや契約が家族にバレなくても、返済できずに債務整理をして財産の差し押さえで知られる可能性があります。

債務整理の種類にもよりますが、自己破産申請をすると財産となるマイホームや自動車が差し押さえられます。

ここまでずっと内緒にできていたのに、返済がストップすると家族にバレるだけではなく、「リストラや離婚…」といったこともあり得るので気をつけましょう。

会社や家族にバレすにお金を借りられるのは銀行?消費者金融?どっち

誰にもバレずにお金を借りたいなら、消費者金融の方が郵送物や在籍確認に柔軟な対応をするためおすすめです。

カードローンは信頼関係が必要のため、低金利で高額融資をする銀行カードローンは本人確認をしっかりおこないます。

もちろん、消費者金融も在籍確認を含めた本人確認をおこないますが、給与明細書や源泉徴収票など書類による在籍確認を良しとしているカードローン会社があります。

また、消費者金融はアプリでATM出金ができるなど、サービス面が充実しているため、周囲の目を気にせず契約できるでしょう。

どこにも足跡を残さずお金を借りるのは不可能!?

カードローンをWEB契約できなかった時代は、誰にもバレずにお金を借りることはできませんでした。
しかし、現在は会社の人はもちろん、家族でさえ知られずに申込みから契約、借入ができます。

ただし、申込みや契約、借入情報を一切、形と残さず取引するのは不可能です。

スマホやパソコンから申込みできるようになりましたが、閲覧履歴やメールなどへ契約情報は残ります。

紙ベースではなくデジタル上でカードローンの取引情報が残っていたとしても、しっかり対策することで、自分以外の誰かに利用がバレる心配はありません!

誰にもバレずにお金を借りるための金融会社選びのポイント

家族や会社の人、友人など誰にもバレずにお金が借りたいときは、カードローン会社の選び方に気をつけましょう。

重視して欲しいポイントは3つあります。

  1. カードレスまたはキャッシュカード一体型
  2. 本人確認書類等の提出方法
  3. 主婦層の利用が多いATMでの借入

カードレスまたはキャッシュカード一体型かをチェック

ローンカードの発行なしやキャッシュカード一体型のカードローン会社を選ぶと、ATMから出金する際やうっかりカードを見られる心配がありません。

カードレスの場合、スマホアプリを使ってATMから出金できたり指定口座へ振り込みできるため便利です。

また、キャッシュカード一体型は、現在利用している銀行のカードにローン機能を付帯させているため、周囲からは「銀行からお金を引き出している」と思われバレませんよ。

以前はみずほ銀行でキャッシュカード一体型があったのでおすすめだったのですが、今はサービスが廃止になってしまいました。

そこで、三井住友銀行のカードローンをおすすめします。
SMBCダイレクトからエントリーしてください。

キャッシュカード一体型のカードを持つことができます。

二種類カードがあり、ICチップが入ったタイプと入っていないタイプがあります。
どちらもカードローンを併設したタイプなので、これなら財布に入れていても安心です。

キャッシュカード一体型なら、見られても平気ですね。

三井住友銀行ならキャッシュカード一体型があることを覚えておきましょう。

カードローン専門のカードを持っていると、お財布を開いた時に勘の良い人にバレてしまいます。

ここでも、アコムやプロミス、SMBCモビットやレイクのカードは持っていないほうが良いでしょう。
ママ友のランチ会などで精算する時に財布を見られるということはよくあることです。
そこでママ友に見られたらかなりの確率でカードローンのカードは見破られてしまいます。
なるほど!非常に危険ですね。
周囲にバレたくないなら絶対に専用カードを財布に入れるのはNGですね!

足跡を残さないために本人確認書類等の提出方法をチェック

カードローンの申込みは、必ず本人確認書類の提出が必要です。提出方法はカードローン会社によって違うため、できるだけ手元に残さないことが大切です。

Web完結であれば、公式サイトやアプリで必要書類をアップロードするため、書類のコピーを取ったり用意したりする必要がありません。カメラで写真撮影をし、アップロードしたデータを削除するとバレる心配はありませんよ。

主婦層の利用が多いATMでの借入可能かをチェック


お金を借りる場合は、カードローン会社の契約機ではなく、ATMを利用した方が周囲にバレる心配はありません。

カードローン会社によって提携ATMは異なるため、できれば主婦層の利用が多いATMを利用できた方がバレるリスクが低いでしょう。

一般的に、ATMといえば銀行に預けたお金を引き出す使い方の方が多いため、利用率の高いATMを使うとお金を借りていることを周囲に知られずに済みますよ。

たとえばイオン銀行カードローンを考えてみてください。
イオン銀行はイオンという巨大なチェーン型スーパーが持っている銀行のため、主婦の利用者が多くなっています。

仮にATMに入っていったとしても、多くの人が使っていますので、自分もその一人として、「ただスーパーに立ち寄っただけ」という顔をしていれば良いでしょう。
これがコソコソしながらカードローンのATMに立ち寄っていたら、怪しいと思われてしまうかもしれませんが、イオンのカードローンなら安心です。

そもそも利用者が多いので、怪しまれません。
イオンは日常的に使うスーパーなので、ATMを使っていてもなんとも思われないことでしょう。

それと同様に、セブン銀行のカードローンもおすすめです。
セブンイレブンでカードローンを借りていても、セブンイレブンは誰でも使うため、怪しまれないでしょう。

このように、「人が見た時どう思うか」という観点からカードローンを選んでみることも、バレない選択肢のひとつです。

コンビニATMでお金を借りる|セブンイレブン・ファミリーマート・ローソンでキャッシングはできる?

家族にバレずに借りられるおすすめ消費者金融ベスト3

書類提出や郵便物など、家族にバレないサービスが充実しているおすすめの消費者金融を3社紹介します。

レイクALSA
プロミス
アイフル
本人確認書類の提出方法
・Webサイト
・FAX
・自動契約機
・Webサイト
・プロミス電話
・郵送
・自動契約機
・店頭窓口
・Webサイト
・自動契約機
・FAX
・電子メール
・店頭窓口
・郵送
電話連絡なし

※担当者による

※担当者による
郵便物に社名の記載有無
なし
なし
なし
カードレス

第1位【レイクALSA】

レイクALSAの在籍確認は電話連絡を基本としていますが、担当者により状況次第で別な方法で対応してくれます。また、カードレスでカードローンを利用できるため、自宅へ郵送物が届く心配がありません。万が一、案内や督促状が届いても「新生銀行」と記載されるので、レイクALSAを利用していることはほぼバレないでしょう。

第2位【プロミス】


プロミスのWeb完結は「カードなし・あり」が選べるため、実質的に郵便物なしで申し込みできます。在籍確認は担当者の判断によりますが、状況に応じて会社に努めていることがわかる書類提出で、対応可能なケースもあります。

先程、プロミスの店舗に入るのは見られる可能性があるとお伝えしました。

確かにプロミスはなぜか1階に店舗を構える傾向があり、非常にリスキーです。

実店舗にいくのはやめて、インターネットで借りるなら、バレにくいのがプロミスです。

まず、郵便物が送られてきません。
キャッシングのカードもありませんので、振込で受け取ることになります。

振込が待てないのであれば午前中に手続きすると午後には振り込まれるのでおすすめです。

そして、申し込む際に、「電話連絡しないでいただけませんか?」とお願いすると、なんとプロミスは配慮して電話連絡を控えてくれるのです。

これはありがたい!!

しかし基本的な消費者金融のルールとして、申請した職場に本当に在籍しているか、確認するというものがあります。
電話で確認できないのであれば、プロミスはどうやってあなたの職場を確かめるのでしょうか?

それには別の方法があります。
電話での在籍確認に対してご要望がある場合、申込完了後すぐにご相談することで別の対応をとることも可能です。

第3位【アイフル】

アイフルは健康保険証や直近2ヶ月分の給与明細書など、指定書類を提出できれば、電話以外の在籍確認ができます。必要書類はスマホやパソコンからアップロードできるので、誰にもバレる心配なし!また、カードレスに対応しており、カードありでも「アイフル」とカード表面に社名が記載されていないので、見られてもバレません。

家族にバレずに借りられるおすすめ銀行系カードローンベスト3

セブン銀行
イオン銀行
三菱UFJ銀行
「バンクイック」
本人確認書類の提出方法
・Webサイト ・Webサイト
・郵送
・Webサイト
・テレビ窓口
電話連絡なし

※状況による
郵便物に社名の記載有無
なし
なし
なし
カードレス

第1位【セブン銀行】

セブン銀行のカードローンは、原則、電話連絡がありません!必要に応じで電話連絡はありますが、その際は個人名なので家族や会社の人にバレる心配はほぼないといえます。また、カードレスで出金や返済ができるので、カードローンの利用はバレにくいです。

第2位【イオン銀行】

イオン銀行カードローンはWeb完結のため、申し込みする姿を誰かに見られる心配はありません。また、契約後に自宅へローンカードが送られてきますが、銀行名が封筒に記載されるため、家族にカードローンの利用と悟られる心配はないでしょう。

第3位【三菱UFJ銀行「バンクイック」】

三菱UFJ銀行「バンクイック」の在籍確認は、「勤務先へ連絡する場合がある」と公式サイトで記載し、絶対にするとは書かれていません。相談内容により電話連絡なしも可能です。また、郵便物はすべて銀行名が記載されているので、カードローンを利用していることは家族にバレる心配はないですよ。

内緒でお金を借りる・借りたあとバレない方法まとめ

家族や友人・知人、そして近所の人や会社の人にバレずにお金を借りる方法についてみてきました。

基本的に借りようとするタイミングでバレるケースが多いのです。
そのため、店舗に行く場合は消費者金融系を避けましょう。

どんなに警戒していても、ひと目がありますし後をつけてくる人もいないこともありません。

そしてカードを財布に入れるのも避けたほうが無難です。

食事をした際などに他の人に見られるリスクがあり、噂になってしまうのでこれもリスクです。

基本的にATMを使うなら銀行系で借りて、あたかもキャッシュカードで借りているように装い、申込みの際はスマホアプリやインターネットを利用してこっそり申し込みを行い、振り込みでキャッシングを受けてバレないようにしましょう。

あとはなんといっても堂々としておくことです!
コソコソするからこそ怪しまれるのです。

まずは態度をしっかりして、万が一バレたとしても、ちゃんと返済しているのだから恥ずかしくないという態度を取りましょう。

そして返済は怠らないことが大切です。

今すぐお金借りる方法へ戻る