お金借りる場所

母子家庭(シングルマザー)がお金借りるなら「母子福祉資金貸付金」を使わないと損!利用条件と審査のポイント

シングルマザーがお金を借りるなら母子福祉資金貸付金

1人で子育てする母子家庭(シングルマザー)は、決して裕福な経済状況とはいえません。母子家庭(シングルマザー)の金銭事情はニュースにも取り上げられ、引っ越しや学校の入学や進級などでお金を借りる先がなく悩みを抱える家庭が増えています。

母子家庭(シングルマザー)がお金借りるなら、国の制度「母子寡婦福祉資金」が安心です。

母子寡婦福祉資金は、母子家庭(シングルマザー)なら誰でも申込みできるのか、利用条件やお金が借りられる額について詳しく説明します。

この記事でわかること

・母子家庭(シングルマザー)がお金借りる方法
・母子寡婦福祉資金とは
・母子寡婦福祉資金の利用条件や限度額など

国からお金を借りられる制度があるんですか!詳しく知りたいです!

母子家庭(シングルマザー)がお金借りるなら「母子寡婦福祉資金」

母子家庭(シングルマザー)でお金に悩んだときは、母子寡婦福祉資金を活用できます。厚生労働省による貸付制度ですが、あまり知られていないのが現状です。

母子家庭(シングルマザー)でもお金借りることができる「母子寡婦福祉資金」とは、どういった仕組みなのか詳しくチェックしていきましょう。

母子寡婦福祉資金とは?

母子寡婦福祉資金の目的は、配偶者の居ない家庭環境で子供を扶養している人が、経済的な悩みをサポートする貸付制度です。

母子家庭(シングルマザー)は、母親だけではなく父親の役割もおこなうため、1人で子供たちを育てるのはとても大変です。金銭的に困ったときの助けとして、国が経済的な支援をおこない、お金の悩みをサポートしてくれます。

全然知りませんでした!困った時どこに行けば良いか不安だったので知れて良かったです!

母子寡婦福祉資金はどんな時に借りれる?利用用途や限度額

母子家庭(シングルマザー)がお金借りる状況といえば、子供の進学や収入アップのために資格の取得費など理由はさまざまです。

母子寡婦福祉資金は、母子家庭(シングルマザー)がお金借りる目的に合わせて、資金の種類や融資できる上限額をいくつも用意しています。種類別に、対象者や貸付内容、限度額を確認していきましょう。

種類 対象者 内容 限度額
事業開始資金 事業の開始に必要な設備や機器の購入資金
※個人サロンや小売業など
285万円
事業継続資金 事業を継続するために必要な設備投資金
※材料や機材の導入など
143万円
修学資金 子供 高校や大学などの就学資金
※授業料や書籍代、交通費など
月額4.8万円~16.8万円
技能習得資金 知識や技術の習得資金
※ホームヘルパーや管理栄養士など
月額6.8万円
修業資金 子供 事業を開始(就職)の知識技術習得資金 月額6.8万円

就職支援資金 ・母
・子供
就職に必要な資金
※スーツや通勤用の自転車や自動車など
10万円
医療介護資金 ・母
・子供
※子供は医療のみ
医療や介護を受けるための資金
※1年以内に医療や介護を受ける人のみ
医療:34万円
介護:50万円
生活資金 ・知識技能の習得中に医療や介護を受けている間の生活費(母子家庭が7年以内に限る)
・失業中の生活に必要な補給資金
月額10.3万円
住宅資金 住宅の購入や補修、増改築に必要な資金 150万円
転宅資金 引っ越しするための資金
※引越し費用や貸借に必要な費用
26万円
就学支度資金 子供 就学や就業に必要な資金
※洋服など
4万600円~59万円
結婚資金 扶養する子供の結婚資金(20歳以上の子供)
※婚姻に必要な資金
30万円

母子家庭(シングルマザー)が母子寡婦福祉資金を利用することで、 20歳以上の子供が結婚するお金を援助できます!

また、仕事がたくさんある地域へ引っ越しや住宅購入によるリフォーム費用の資金調達も可能です。目的別に貸付限度額が異なり、就学支度資金などは子供の学校に合わせてお金を借りられる額が増えます。

子供の結婚資金も借りられるんですか!先のことなんて考えていられなかったので安心しました!
お子さんのことだけでなく家族や親戚、友人などの結婚式など今すぐお金が必要な場合はこちらの記事を読んでから行動に移すことをおすすめします!今すぐ10万円借りる!10万円を借りたい人に審査内容や必要な書類!

どんな母子家庭(シングルマザー)でもお金を借りることができる?

審査の通過が難しい人は…
母子寡婦福祉資金は、ひとり親世帯の経済困難を救うための貸付制度です。母子家庭(シングルマザー)なら誰でも利用できるように見えますが、条件や審査があるのですべての人が対象とは限りません。

母子家庭(シングルマザー)がお金借りるのに役立つ母子寡婦福祉資金の条件や審査について、詳しく確認していきましょう。

母子寡婦福祉資金の条件

母子寡婦福祉資金は、以下の条件をクリアした人のみ利用できます。

・配偶者(夫)が居ない
・20歳未満の子供を扶養している母
・母子家庭で扶養されている20歳未満の子供
・以前まで母子家庭の母で、現在40歳以上で配偶者が居ない女性(寡婦)

上記4つに当てはまる母子家庭(シングルマザー)の母や子供が申込みできます。

ただし、母子寡婦福祉資金は申し込むと誰でも利用できるとは限りません!

国の経済困難を救う貸付制度ですが、母子家庭(シングルマザー)がお金借りる以上、当然審査を受ける必要があります。

明確な審査基準は公開されていませんが、母子寡婦福祉資金は金融機関よりも少し厳しい結果になるケースが多いです。

そうか、もらえるわけではなく借りるんですもんね…ちゃんと返せる人か審査がいりますよね。

審査の通過が難しい人はこんな人

母子家庭(シングルマザー)がお金借りるために、母子寡婦福祉資金で審査する前に、次の5つのポイントに気をつけてください。

生活環境や状況によって、審査に通らない可能性があります。

無職または収入があまりにも少ない

母子寡婦福祉資金は給付金ではなく、一時的な経済困難を救済するための貸付制度です。そのため、無職や収入の低い人が申し込むと審査に落ちる可能性が大きいです。

審査では「返済できるか」を収入証明書などで確認します。生活が難しいほど収入が低い人には、生活保護の案内をされるでしょう。

借りてもどうにもならない場合は生活保護の案内をしてくれるんですね

生活保護を受けている

生活保護を受けている母子家庭(シングルマザー)は、母子寡婦福祉資金を利用できません。

そもそも、生活保護は貸付制度ではないため返済する必要はなく、国が必要最低限の生活費をサポートする資金です。生活保護を受給中に利用はできませんが、母子寡婦福祉資金を受けた後に生活保護の申込みはできます。

金融機関から多額のお金を借りている

母子寡婦福祉資金は、金融機関から多額の借金をしていると審査に落とされる可能性が高いです。

国の貸付制度はあくまで、母子家庭(シングルマザー)の生活再生やスキルアップなど、生活を豊かにするサポートの役割があります。金融機関などからお金借りた返済のために母子寡婦福祉資金は使えないので気をつけましょう。

この制度を知らなかったらわたしもどこかの金融機関で借りてましたね…

自己破産をしている

過去に自己破産した母子家庭(シングルマザー)は「返済が困難」とみなされる可能性があります。カードローンなどの借入と同じく、母子寡婦福祉資金の審査では過去の金融トラブルを確認します。

自己破産後の年数によって審査に受からないケースもあるので、詳しくは役所で確認しましょう。

生活サポートを受けたい方や自己破産した方は「生活サポート基金でお金借りる方法!融資相談は無料なので活用すべき!」を一読することをおすすめします!

収入が十分にある人

母子寡婦福祉資金は、子供の就学や自信のスキルアップなど経済に悩んでいる人に向けた貸付制度です。母親1人の収入で子育てしていても、生活に大きな支障のない給料を得ている人は利用できません。

自治体によって年収の上限が異なるので、詳しくは住所のある役所へ確認してください。

頑張って働いているとそれはそれで借りられないのか…でもどうせ返済があるし借りずに済むならその方が良いですね!

母子寡婦福祉資金は保証人不要?金利や返済期間について

母子家庭(シングルマザー)がお金借りるなら、安心できる国の貸付制度が便利なのがわかりました。

しかし、気になるのは保証人の必要性や金利、返済期間ではないでしょうか。

できれば、誰にも知られずにお金を借りたいと思う母子家庭(シングルマザー)は多いです。母子寡婦福祉資金を利用する前に、保証人の有無などについて確認していきましょう。

母子寡婦福祉資金の保証人と金利

母子寡婦福祉資金は、保証人なしでも利用できます。保証人の有無によって、金利が変わってくるので次の表を参考にしてください。

保証人あり 無利子
保証人なし 年1.0%

家族や親戚など、60歳未満の健康な人が連帯保証人になってくれるなら、無利子でお金が借りられます。例えば、母子家庭(シングルマザー)の子供が利用できる修学資金や就学支度資金は、子供の母親自身が保証人になることで無利子になります。

ただし、連帯保証人の条件は自治体によって異なるので、お住まいの役所で確認してください。

保証人がいると無利子になるんですか!それは大きいですね!

母子寡婦福祉資金の返済には措置期間がある

通常、金融機関などからお金借りる場合、融資を受けた翌日から返済期間はカウントされます。

しかし、母子寡婦福祉資金は融資を受けてから返済が始まるまで、据置期間が設定されているためゆとりを持った返済計画ができます。

母子寡婦福祉資金は生活費など経済的な悩みを抱える母子家庭(シングルマザー)向けの貸付制度です。返済日が融資直後から数えてしまうと、次は返済のことで頭を悩ませてしまいます。

この負の連鎖を改善するため、母子寡婦福祉資金は据置期間があるのです。

すぐに返済が始まると本当に負の連鎖になってしまうので据置期間はとてもありがたいです!

母子寡婦福祉資金の返済期間

母子寡婦福祉資金の据置期間や返済期間は、資金の種類によって異なります。詳しくは次の表を参考にしてください。

種類 据置期間 最大返済期間
事業開始資金 1年 7年以内
事業継続資金 6ヶ月 7年以内
修学資金 該当校卒業後6ヶ月 20年以内
技能習得資金 知識技能習得後1年 20年以内
修業資金 知識技能習得後1年 6年以内
就職支援資金 知識技能習得後1年 6年以内
医療介護資金 6ヶ月 6年以内
生活資金 6ヶ月 ・知識技能習得後
・医療(介護)終了後
・生活安定期間の貸付期間満了後
・失業中の貸付期間満了後
20年以内
住宅資金 6ヶ月 6年以内
転宅資金 6ヶ月 3年以内
就学支度資金 6ヶ月 20年以内
結婚資金 6ヶ月 5年以内

返済を滞納すると違約金が発生する

母子寡婦福祉資金の返済を滞納すると、違約金として年5%の利子が発生します。違約金としては非常に高いため、返済計画をしっかり考える必要があります。

母子家庭(シングルマザー)がもっとも安心できるお金借りる方法のため、万が一、返済が遅れるようでしたら必ず役所へ相談しましょう。

年5%の利子は高いですね…しっかり返済計画を立てて返せる額を借りるのが良いですね!

母子寡婦福祉資金のお金借りるまでの流れ

母子家庭(シングルマザー)がお金借りられる母子寡婦福祉資金、利用する前に申込先や用意するものなどを確認しておきましょう。

母子寡婦福祉資金の申込先

母子寡婦福祉資金の申込先は、各市区町村の役場で手続きできますが、自治体によって窓口は異なります。

例えば、東京都江戸川区なら「こども家庭支援センター自立支援係」、大阪府大阪市なら「子ども室家庭支援課」で相談可能です。

インターネットや電話、郵送などでの申込みはできないので注意してください。

母子寡婦福祉資金の申込みに必要なもの

母子寡婦福祉資金の申し込みには、次の書類が必要です。

必要書類など 備考
申請書 役所で交付
収入証明書 源泉徴収票や通帳のコピーなど
戸籍謄本 役所で交付
住民票 世帯全員分
母子家庭の証明書 ・児童扶養手当証明書
・ひとり親家庭等医療費助成
・マル親医療証
・民生委員が発行する書類など
印鑑 シャチハタ以外

母子寡婦福祉資金に必要な書類は自治体によって異なるので、他にも用意が必要なものもあります。詳しくは、役所の窓口で確認してください。

自治体によって申し込み窓口や必要書類が異なるんですね

母子寡婦福祉資金でお金借りるメリット・デメリット

母子福祉資金貸付金のメリット・デメリット
母子家庭(シングルマザー)がお金借りる行動は、決して恥ずかしいことではありません。お金がない状態が続くと、母親の精神面や子供たちの成長にも大きな影響を与えるので、困ったときは、母子寡婦福祉資金の利用をおすすめします。

利用する前に、母子寡婦福祉資金のメリット・デメリットを確認しておきましょう。

母子寡婦福祉資金のメリット

母子寡婦福祉資金のメリットは、次の4つです。

・連帯保証人なしでもお金が借りられる
・子供の教育資金や結婚資金をカバーできる
・カードローンより利子が低い
・融資から返済までの期間が長い

連帯保証人なしにすると利子が発生しますが、誰にも迷惑をかけずにお金が借りられます。母子寡婦福祉資金の種類が多いため、目的別にお金の悩みを解消できるのは大きなメリットです。

やはり利子が低いのと据置期間があるのは大きいですね!

母子寡婦福祉資金のデメリット

母子寡婦福祉資金のデメリットは、次の3つです。

・連帯保証人なしは利子が発生する
・違約金が高い(年5%)
・申込みから融資まで時間がかかる(約1ヶ月)

母子家庭(シングルマザー)が今すぐお金を借りる方法に、母子寡婦福祉資金は向きません。申込み後、書類の確認や返済できる人を判断するため、審査に時間がかかってしまいます。融資は約1ヶ月後なので、この点も計画しながら検討しましょう。

融資まで1ヶ月…長いけど、お金を借りるならこのくらいしっかり計画してから借りた方が良いですよね

まとめ|母子家庭(シングルマザー)でもお金借りる方法がある

母子家庭(シングルマザー)が安心してお金借りるなら、母子寡婦福祉資金がおすすめです。国の貸付制度なので、高額金利や返済に苦しむような契約は交わさず、担当者からアドバイスされながら生活の困難を乗り越えられます。

母子寡婦福祉資金は誰でも利用できるとは限らないので、まずは役所の窓口で相談してみましょう。

国から借りられるなら、テレビの中みたいに騙されたり乱暴な取り立てをされることもないので安心して借りられそうですね!