お金借りる場所

アルバイトでもお金借りる方法!時給は関係ないって知ってた?

アルバイトでもお金を借りる方法

アルバイトは時給や出勤数によって給料が左右されるため、収入が入るまでお金が足りず困ることがありませんか?

しかし、アルバイトは社会的信用が低く、お金借りる相手を見つけるまで時間がかかります。急いでお金が必要なのに誰も貸してくれない状況に、困った経験をした人も多いでしょう。

そこで今回は、緊急時にも便利なアルバイトがお金借りる方法について、詳しく解説します。

この記事でわかること

・アルバイトがお金借りられる場所
・カードローンをおすすめする理由
・銀行系と消費者金融系の違い
・カードローンの審査に落ちる原因
・アルバイトが審査通過するポイント
・アルバイトがお金借りられる額
・カードローンのメリットとデメリット

え!アルバイトでも借りられるんですか!
いざとなったら友人に借りるしかないと思っていました!

アルバイトがお金借りるならカードローン!その理由とは?

カードローンは金利が発生するため、ほかのお金借りる方法の方が良いと考える人は多いのではないでしょうか。確かに、返済総額を考えるとカードローン以外の借入方法の方がメリットは大きく感じます。

でも、金利がない借入方法にも、次のようなリスクがあるのをご存じですか?

お金借りる方法 リスク
両親や友人から借りる 借入額や返済状況で関係性が崩れる
バイト先から前借りする ・緊急時以外、前借りは法律で禁止
(※労働基準法代25条)
・前借りしたら職場の無理難題に断れない
・返済するまで辞められない
クレジットカードのキャッシング ・キャッシング枠を設定しなければ利用できない
・設定するには審査が必要
・審査結果は約1週間かかる

カードローンのリスクは借入額に応じた金利の加算ですが、人間関係が崩れたり借入まで1週間待たされたりすることはありません。クレジットカードのキャッシングと同じく審査はありますが、一番リスクの低いお金を借りる方法といえるでしょう。

そうか、知人やクレジットで借りるよりも早いし後々のトラブルも避けられるんですね!

アルバイトなら銀行カードローンより消費者金融がおすすめ!

カードローンは「銀行系」「消費者金融系」に分けられます。2つの中で、アルバイトでお金を借りるなら消費者金融系カードローンが断然おすすめ!

その理由をわかりやすく表へまとめてみたので、比較してみてください。

銀行カードローン 消費者金融カードローン
金利 低い 高い
審査スピード 最短1営業日 最短30分
審査の柔軟性 強い 弱い
限度額 低い(平均500万円) 高い(平均800万円)
サービス ・WEB完結 ・WEB完結
・無利息サービス
・24時間振込融資可など

アルバイトがお金借りる際に重視して欲しい点が「審査の柔軟性」と「サービス」です。

銀行カードローンは低金利でお金を借りられることから、審査に対して厳しいのが特徴的です。また、審査は基本的に平日の営業日しか対応してくれないため、休日にお金が必要な状況で当日融資は不可能です。

インターネット申込みできる銀行カードローンは増えているものの、それ以外のサービスは弱く、アルバイトの利用にはあまり向いていないといえるでしょう。

一方、消費者金融のカードローンは、土日祝日の申込みや審査に対応している会社が多いです。銀行系に比べると審査を柔軟に対応してくれるため、時給の低いアルバイトでもお金借りられる可能性があります。

審査の柔軟性とサービスを重視するのが良いんですね!

アルバイトがカードローンでお金借りる条件

消費者金融だからといって、アルバイトで生計を立てる人が誰でも利用できるとは限りません。お金借りる条件は、次の2つです。

・満20歳以上
・毎月1回収入がある(安定した収入)

アルバイトが消費者金融でお金借りるポイントは、月1回給料を貰えているのかです。

カードローンは「返済能力がある人」なので、日雇いや単発アルバイトでも、毎月収入があるなら申込み対象者に当てはまります。

申込み自体は結構誰でもできるものなんですね

アルバイトでもお金借りられる消費者金融カードローン

消費者金融のカードローンの中には、一定以上の収入が無ければ申し込めないなど、条件を設定している会社があります。

しかし、大手の消費者金融は短期のアルバイトや1日しかまだ働いていない人でも、前向きに審査をしてくれます。アルバイトにおすすめの消費者金融カードローンが「SMBCモビット、プロミス、アコム、アイフル」です。

各社の金利や融資時間、強みなどをチェックしていきましょう。

SMBCモビット

SMBCモビット

おすすめポイント
・申込み条件は「定期収入がある20歳以上69歳以下
・WEB完結はバイト先へ電話連絡なし
・スマホアプリ利用で専用カード不要

実質年率 3.0%~18.0%
限度額 1万円~800万円
融資時間 最短1時間
無利息サービス なし

SMBCモビットの申込み条件に「アルバイト可能」とあるため、収入額に関係なく審査できます。インターネットからの申込み・契約が完了し、指定口座の保有や勤務先を証明できる書類(給与明細書など)と書類提出でアルバイト先へ電話されることがありません。

プロミス

プロミス

おすすめポイント
・アルバイトやパートも審査や契約対象
・初めて利用で30日間無利息
・最低1万円から24時間振込可能

実質年率 4.5%~17.8%
限度額 1万円~500万円
融資時間 最短1時間
無利息サービス 30日間

プロミスは全国約200の銀行など対象とする金融機関へ、 24時間いつでも振込してもらえます。(瞬フリサービス)会員登録など申し込みしておけば、いつでもお金が必要なときに瞬時に振込んでもらえるため、飲み会や支払いなどでお金が足りないときに便利です。

アコム

アコム

おすすめポイント
・楽天銀行口座があれば最短1分で融資
・近くの無人契約機でカードが受け取れる
・女性専用ダイヤルありで不安解消

実質年率 3.0%~18.0%
限度額 1万円~800万円
融資時間 最短1時間
無利息サービス 30日間

アコムはアルバイトで生活する女性でも安心してお金借りるために、女性専用ダイヤルを用意しています。また、返済日は給料日に合わせて選択できるため、利用した後も悩まずに済みます。最大1分の振込融資を24時間活用できるなど、便利なサービスが豊富です。

アイフル

アイフル

おすすめポイント
・20歳以上のアルバイト学生も利用可
・サイクル制なら次回の返済は35日後!
・来店なしでも最短即日融資が可能

実質年率 3.0%~18.0%
限度額 1万円~800万円
融資時間 最短1時間
無利息サービス 30日間

アイフルを初めて利用する人なら、30日間無利息サービスが適用されるのでお得にお金を借りられます。申込みは一度も店舗や無人契約機に出向かずWEB完結でき、融資は最短即日と早いのが特徴的です。

アルバイトがお金借りるのに時給は関係ない!審査に落ちる原因

審査に落ちる原因
カードローンからお金借りるのに、アルバイトの時給は関係ありません。

とはいえ、申込み条件に「返済能力がある人」としているため、日雇いアルバイトなど継続した収入の見込みがない人は、厳しい審査結果となるでしょう。

なぜ、アルバイトでもお金借りられる消費者金融の審査に落とされてしまうのか。多くの人は、次のポイントが審査に影響を与えているからです。

他社の借入件数や借入額

消費者金融の審査は、収入額以外に現在お金を借りている会社の件数や借入残高をチェックします。借入件数や借入残高が多いと「返済してもらえない」とカードローン会社は感じ取り、契約できないと判断するケースが多いです。

勤続年数や勤務時間が短い

アルバイトでも1日8時間勤務など、勤務形態が大きく異なります。消費者金融は友人のように信頼関係のない状態でお金を貸付するため、勤続年数や勤務時間が極端に短いと「信用できない」と判断します。

転職したばかりや短時間アルバイトでお金借りる際は、勤務形態に注意が必要です。

「ちゃんと働いて返済できる人」と思える人じゃないとダメなんですね

延滞など事故記録がある

過去にカードローンやキャッシングでお金を借りて、延滞や滞納など事故記録があると審査に落ちやすいです。事故記録はいわゆるブラックリストといわれ、利用者の情報を調べる信用情報機関へ照会して把握します。

信用情報機関の記録は、金融機関や貸金業者など共通で照会できるため、記録が残っている人は「お金にルーズな人」と見られることでしょう。

携帯の分割払いが遅れている

信用情報機関に記録される情報は、カードローンの利用履歴だけではありません。

スマホなど携帯電話の分割払い申込みや返済履歴も一緒に保存されます。携帯電話の延滞は返済期限の61日以上か3ヶ月以上遅れると「延滞者」として情報が残ってしまいます。

分割払いもカードローンと同じようにお金を借りているため、事故記録には注意が必要です。

そ、そうか、携帯電話も長期間滞納したらしっかり自己として記録されてしまうんですね…!

【口コミ】アルバイトがカードローンでお金借りた体験談

本当にアルバイトでカードローンからお金を借りられるのか、不安に感じる人は多いのではないでしょうか。

実際にアルバイトがカードローンでお金借りた経験談を、Yahoo!知恵袋などから調査してみました。勤務形態別の口コミとお金借りるポイントをそれぞれご紹介します。

アルバイト1週間でお金を借りられた!

笑顔1年以上勤めていたバイトを辞めて、50円時給の高いアルバイト先へ転職しました。転職活動で貯金が無くなり、生活費が足りなかったので消費者金融へ申し込みしたところ、限度額10万円ですが契約できました!

転職からまだ1週間しか経っていないのに、自分でもびっくりです。

アルバイト1週間がお金を借りるポイント

チェックたった1週間しかアルバイトしていなくても、状況によってカードローンからお金が借りられます。

ただし、全員が同じく借りられるわけではないので、アルバイト歴1週間でお金借りるポイントを確認しておきましょう。

・毎月一定の収入を保つ
・転職するなら無職期間を短くする
・属性の評価を高める

重要ポイントは「一定の収入を保つ」ことです。口コミは、転職前に1年間バイト生活していたため、一定の収入は保たれていることがわかります。転職するなら無職期間を短くして、できるだけ毎月収入がある状況を作りましょう。

もし、ムリなら属性の評価を高めることです。

例えば、電話番号は携帯番号だけではなく固定電話も記入するなど、連絡手段はいくつかあった方が評価は高まります。

できる範囲内で属性の評価を高めていきましょう。

アルバイト1ヶ月目でお金を借りられなかった

困り顔アルバイト1ヶ月目で友人がカードローンからお金を借りていたので、自分もと思い申し込みした結果、審査に落ちてしまいました。

自分は消費者金融で借入歴あり、しかも1ヶ月滞納しています。状況の問題なのか、それともアルバイト1ヶ月と短い勤続年数が関係しているのかわかりません。緊急でお金が必要だっただけに非常に残念です。

アルバイト1ヶ月目がお金を借りるポイント

チェックアルバイト1ヶ月目でもカードローンからお金借りることは可能です。

ただし、状況によって口コミのように審査で落とされるケースは珍しくありません。申し込みする前に、お金借りるポイントをチェックしましょう。

・スマホの支払いなど延滞しない
・社会保険に加入できる勤務時間で働く

とにかく「事故記録」をしないように気をつけましょう。延滞や滞納は信用度を一気に失わせる行為のひとつです。支払い期日が迫っているのに返済できないときは、必ず電話連絡して事情を説明してください。

また、アルバイトは基本的に国民健康保険に加入していますが、カードローンは社会保険の方が属性は高いといわれています。アルバイトでも条件によって社会保険に加入できます。

・2ヶ月以上、同じ職場でアルバイトをしている
・1週間の勤務日数と時間が社員の3/4以上

※大手チェーン店などの会社は「週20時間以上、年収106万円以上」のアルバイトも、社会保険加入が義務。

属性の評価基準はカードローン会社によって違うため、どれくらい審査に大きな影響を与えるのかは誰にもわかりません。少しでも評価ポイントを高めるために、社会保険の加入も考えるのもポイントです。

日雇いアルバイト1年目でお金を借りることができた

笑顔日雇いでアルバイトをして1年が経過しました。ここ最近、帰省や友人の結婚式など出費が重なりカードローンからお金を借りて問題を解決しています。

今のところ返済が遅れることはありませんが、このまま一生日雇いバイトで暮らすことに悩んでいます。

日雇いバイトがお金を借りるポイント

チェック一般的に、アルバイトでもお金が借りられる消費者金融でも、日雇いは審査に通りにくいといわれています。

しかし、日雇いでも長期間働き安定した収入があれば、審査に大きな問題はないことがわかりました。

日雇いバイトがカードローンからお金借りる際は、次のポイントを確認しましょう。

・同じ職場で長期的に働く
・給与振込の口座をひとつにする
・クレジットカードなど滞納をしない

日雇いの場合、いくつか派遣会社へ登録して仕事を請け負うケースが多いです。給与は毎日、または毎月1回と登録会社によって異なりますが、給与振込する口座は必ずひとつにまとめておきましょう。

複数の口座に給与が振り込まれると、安定した収入があると認めてもらえない可能性があります。

アルバイトがカードローンでお金借りる!審査通過のポイント

審査通過のポイント
アルバイトがカードローンへ申し込みする前に、審査に受かるポイントを確認しておくことが必要です。

借入希望額は10~30万円に設定する

良い審査結果にするためにも、初めの借入希望額は「10~30万円に設定」しましょう。

消費者金融のカードローン上限額は、最高800万円です。

しかし、初めから借入希望額を高く設定すると、審査でさまざまな項目を重視されます。希望額が高いほど、お金がない人と思われるため気をつけましょう。

掛け持ちバイトの収入はすべて申告

カードローンへ申し込む際は、必ず現在勤めているすべての収入を申告しましょう。

アルバイトを掛け持ちして、毎月の収入を増やす人は珍しくありません。一箇所のバイト代は10万円以下でも、掛け持ちバイトすべて合算すると20万円以上になるケースもあります。

収入が高い状況でカードローンへ申し込みしてもデメリットはないため、複数アルバイトをしている人は一ヶ月の合計給与額で申し込みしましょう。

「ちゃんと返済できます!」をアピールするのが良いんですね!

申込みは2社までにする

カードローンの申込みは、 1ヶ月に2社までにしましょう。一度に複数社申し込みすると「申込みブラック」として、別の審査に悪影響を与えかねません!

また、何度も申し込みするということは、お金がなく非常に困っていると判断されるため、審査結果もあまり良くないでしょう。

申告内容は本当のことを書く

お金を借りる際は、必ず本当のことを申込書に記入しましょう。

例えば、アルバイトなのに正社員と記入したり、年収150万円なのに350万円と申告したりと、ウソは審査時に必ずバレます。

ウソの申告は審査結果にダメージが大きいため、絶対に止めてください。

信用が大事だからウソなんて書いたら信用がた落ちですもんね

アルバイトがお金借りられる額はいくら?

消費者金融のカードローンは、総量規制の対象なので「年収1/3万円までの借入」です。年収に応じて最高借入額が変わるので、申込時や利用時は次の表を参考にしてください。

年収(月収) 借入見込額(目安)
100万円(約83,334円) 約33万円
130万円(約108,334円) 約43万円
150万円(約125,000円) 約50万円
180万円(約150,000円) 約60万円
200万円(約166,667円) 約67万円
230万円(約191,667円) 約77万円

カードローンから50万円を借入する場合、直近1ヶ月分の給与明細書を提出しなくてはいけません。状況により過去2ヶ月分など、収入証明書が必要なので、アルバイトがカードローンからお金借りる額は少し注意が必要です。

アルバイトがカードローンからお金借りるメリット

収入の低いアルバイトがカードローンからお金借りるメリットはあるのでしょうか。

消費者金融のカードローンだから得られるメリットを4つご紹介します。

即日融資が可能

消費者金融のカードローンは、即日融資が可能です。そのため、こんな状況でも問題を早期解決できます。

・今日中にスマホ代を払わないと止められる
・急に身内が亡くなり香典がない
・飲み会があることを忘れていた
・先輩から食事に誘われた

急いでいたり貯金がなかったりと、お金が手元になくても今日中に現金を借りられるのは最大のメリットです。

今すぐお金が借りたい!緊急の場合はこちらを一読することをおすすめします!きっと良い答えが見つかるでしょう♪今すぐ10万円借りる!10万円を借りたい人に審査内容や必要な書類!

30日間無利息サービスでお得

消費者金融によって、最大30日間無利息サービスでお金が借りられます。

「無利息期間はたった30日間だけ?」と思われる人が多いと思いますが、通常金利と返済額を比較するとかなりお得なのがわかります。

【例】10万円を1ヶ月で返済した場合

通常金利で借入 30日間無利息で借入
金利 18.0% 0%
返済額 101,479円 100,000円

単純計算なので、月の日数などで返済額は多少変わりますが、上記の状況なら利息の差が「1,479円」です。無利息サービスの期間内なら、何度でも金利0%が適用されるので利用する回数が多い人はメリットが大きいでしょう。

60日間無利息のレイクALSAも視野に入れて検討することをおすすめします!レイクアルサでお金借りる!60日間無利息の審査・在籍確認を徹底解説

スマホ完結で申し込める

大手消費者金融のほとんどが、来店不要のWEB完結に対応しています。カードローン会社によって専用カード不要でお金の借入や返済ができるので、周囲にお金借りるところを見られる心配がありません。

また、 24時間いつでも好きなタイミングで申し込みできるので、イベントの二次会やバイト終わりのデートなど、緊急時に便利です。

今時はスマホを持っていない若者は少ないです!スマホだけでお金を借りられるなんてメリットしかないですね。【最新版】スマホアプリでお金を借りる&稼ぐ方法!簡単に借りれるおすすめのアプリローン紹介

担保・保証人は必要なし

消費者金融のカードローンは、担保や保証人不要で申し込みできるケースが増えています。
その分、金利が銀行系カードローンよりも高いのですが、周囲に連帯保証人になってくれる人を探す手間がないのでメリットの方が高いといえます。

連帯保証人は、友人間でお金の貸し借りをするようにリスクが高いため、有担保ローンの利用は気をつけましょう。

時間も場所も気にせず、自分のスマホだけで完結できるのはありがたいですね!

アルバイトがカードローンからお金借りるデメリット

消費者金融は短期間しかアルバイトしていなくても申し込めますが、お金借りるにはいくつかデメリットがあります。

在籍確認がある

カードローンの審査時、必ず在籍確認があります。申込者が勤務先をウソついていないか、確認するために大切な項目のひとつです。

たとえアットホームなアルバイト先とはいえ、カードローン会社から在籍確認されるのは大きなデメリットですよね。

しかし、最近の消費者金融は「◯◯(個人名)ですが・・・」と、個人名で電話連絡してくれます。

また、カードローン会社によって勤務先がわかる書類(給与明細書や社員証など)を提出すると、電話をアルバイト先に掛けない対応を取ってくれるケースがあります。

在籍確認がデメリットと感じる人は、電話連絡なしのカードローン会社を選びましょう。

在籍確認なし!もしくは回避できる方法をこちらで紹介しています。在籍確認なし【電話連絡なし】でお金借りる!アコムやプロミスはどう?

必ず借りられるとは限らない

※事前審査で確認すること

アルバイトでもお金が借りられるカードローンであっても、審査に落ちる可能性があります。申し込みや審査結果は信用情報機関に記録され、次回のカードローン申込みに影響するのでデメリットになるでしょう。

今の年収や他社の借入件数・借入残高でカードローンからお金が借りられるか、事前審査をすることで問題を解決できます。

各社の事前審査スピードと金利、無利息サービスを一覧表へまとめました。

カードローン会社 事前審査 金利 無利息サービス 在籍確認
SMBCモビット 約10秒 3.0%~18.0% なし あり
プロミス 約3秒 4.5~17.8% 30日間 要相談
アコム 約3秒 3.0%~18.0% 30日間 要相談
アイフル 約1秒 3.0%~18.0% 30日間 要相談

※1. 「三井住友銀行、三菱UFJ銀行、ゆうちょ銀行、みずほ銀行」のいずれか口座保有。社会保険証や勤務先を証明できる書類(給与明細書など)の提出必要

4社すべて「WEB完結」「担保・保証人不要」「即日融資も可能」です。事前審査は公式サイトから無料でできるため、無利息サービスなど便利なカードローンから検討することをおすすめします。

自分で事前審査ができるんですね!いきなり本当の審査をするのはハードルが高いので良いですね!

まとめ:アルバイトでお金借りるなら消費者金融のカードローンが便利

アルバイトでもお金が借りられる消費者金融カードローンはたくさんあります。銀行系に比べて金利は高いですが、審査やサービスが柔軟なので短期間返済や年収が低い人はメリットが大きいでしょう。

勤続年数が長いバイト歴でも、審査に落とされる可能性があります。お金借りる前に、まずは事前審査を受けて融資可能か結果を確認してから申し込みするのが理想的です。

思っていたよりハードルが低いようで安心しました!