今すぐお金を借りる方法!即日融資で現金を用意したいならこれ

順位 サービス サービス名 無利息期間 審査時間 即日融資 借入限度額 実質年率 月々の返済 保証人の有無 在籍確認 公式HP
1位 プロミス プロミス
(公式ページへ⇒)
はじめての人は30日間※1 最短30分 可能※2 1万円~500万円 年17.8% 借入金額の1.99~3.61%以上 不要 電話 ⇒プロミス公式HPへ
2位 アコム アコム
(公式ページへ⇒)
はじめての人は30日間 最短1時間 可能 1万円~800万円 年18.0% 借入金額の1.5%~4.2%以上 不要 電話 ⇒アコム公式HPへ
3位 レイクALSA レイクALSA
(公式ページへ⇒)
はじめての人は60日間 最短15秒 可能 1万円~500万円 年4.5%~18.0% 不要 電話 ⇒レイクALSA公式HPへ

※1:(30日間無利息)※メールアドレス登録とWeb明細利用の登録が必要です。
※2:※申込みの時間帯によって、当日中の融資が受けられない場合があります。

いざお金を借りるとなっても「どうやって借りるかわからない」という方のために、はじめての借入の流れを簡単にご紹介します。

\3ステップで借り入れ完了/

1.申込
(スマートフォン・携帯電話・パソコンから24時間いつでもネット申し込みが可能)

2.審査、契約
(最短30分のスピーディーな審査)

3.融資
(銀行振込または、お近くの銀行などにある自動契約機や店頭窓口ですぐに借入可能)※ここまで最短1時間

安心してお金を借りれるサービスBEST1!

【全国どこからでもOK】
【24時間365日申込可能】
【PC・スマホ対応】

【安心して】【便利に】【素早く】借りられる、「はじめての方にもおすすめなサービス」を厳選してご紹介します。

簡単3秒診断がおすすめ!
土日祝も申込できる

プロミス

WEB申込みなら店舗まで行くことなく最短1時間で融資を受けられるのがプロミスの魅力。簡単で分かりやすい3秒診断も便利です。

フル入力が速くてオススメ
プロミス フル入力がおすすめ

⇒ プロミスの3秒診断はこちらから

あなたは急に来週までにお金が必要になった時どうしますか?

社会人になると、何かと急な出費が多くて、急にお金が払えない!なんてことになることありますよね。
友達に借りるのもなんだか嫌ですし、親や兄弟に連絡して貸してもらうのも気が引けてしまいます。

そんな時に非常に便利なのが即日融資なんです。

お金を借りる方法は多々ありますが、それぞれ条件等が異なりますので、できればよい条件でお金を借りたいものです。そのためにも、それぞれ異なるサービスを理解し、比較することが大切です。

お金を借りることができるカードローンは4種類

カードローンの種類は主に消費者金融系カードローン、銀行系カードローン、ネット銀行カードローン、信販系カードローンの4種類に分類することができます。
それぞれについて、特徴を見てみるとしましょう。

即日融資が可能なの消費者金融系カードローン

即日融資が可能な消費者金融系カードローンをいくつかご紹介します。
どれも安心できる業者ではありますが、金利、必要書類等が異なります。

SMBCモビット

住友系列の安心感があるモビット。Web申し込みならカードレスで郵送物を届かないようにも出来ます。
基本情報は以下の通りとなります。

即日融資 土日・祝申し込み
融資までの時間 最短60分 WEB完結
審査時間 最速10秒 カードレス
無利息期間 なし 担・連保不要 不要
収入証明書 50万円以上 来店不要
郵送物なし WEBで返済
金利 3.0~18.0% 融資限度額 800万円

ただし、便利なWeb申し込みには
・三井三友銀行
・三菱UFJ銀行
・みずほ銀行
・ゆうちょ銀行
いずれかの口座を持っていることが条件となります。

アイフル

テレビのコマーシャルでもおなじみのアイフルは最大30日間利息が0円で利用でき、スマホひとつで簡単に取引をすることが可能です。

アイフルの詳しい条件は以下になります。

即日融資 土日・祝申し込み
融資までの時間 最短60分 WEB完結
審査時間 最短30分 カードレス
無利息期間 30日間あり 担保・連保 不要
収入証明書 50万円以上 来店不要
郵送物なし WEBで返済
金利 ~18.0% 融資限度額 800万円まで

アイフルは最短60分で融資が実現しますが、申し込む時間によっては融資が翌日になってしまう場合があるので、早めの時間に申し込んだ方が良いしょう。

プロミス

こちらも高い知名度を誇る業者です。プロミスも初めての契約の場合は30日間は利息0円で利用することができます。

プロミスの条件等は以下になります。

即日融資 土日・祝申し込み
融資までの時間 最短60分 WEB完結
審査時間 最短30分 カードレス
無利息期間 30日間あり 担保・連保 不要
収入証明書 50万円以上 来店不要
郵送物なし WEBで返済
金利 4.5%~17.8% 融資限度額 500万円まで

さらにプロミスでは、初めての契約者にかぎり最大2.000円分の三井住友VISAプリペイドがプレゼントされます。
お金が無い時にこのプレゼントは嬉しいですよね。もちろんプリペイドカードの発行手数料や年会費なども無料です。

アコム

こちらもまた、テレビコマーシャル等でお馴染みの業者で、皆さんもご存知の方は多いのではないでしょうか。

アコムも契約がはじめての人は30日間金利がかからず利用することができます。

即日融資 土日・祝申し込み
融資までの時間 最短60分 WEB完結
審査時間 最短30分 カードレス
無利息期間 30日間あり 担保・連保 不要
収入証明書 50万円以上 来店不要
郵送物なし WEBで返済
金利 3.0~18.0% 融資限度額 800万円

アコムのインターネット返済は「忙しくてATMまで行けない」、何かの事情で「返済が遅れそう」などの場合でも24時間いつでも返済が可能です。
しかも、利息は日割りで計算してもらえるので、利用日数分だけの支払いで済みます。

レイクALSA

初めてレイクALSAに申し込みをする人の場合、Web申し込み限定で60日間利息無料でお金を借りることができます。
しかもWeb申し込みなら最短15秒で審査結果がわかります。

レイクALSAの詳しい条件は以下の通りです。

即日融資 土日・祝申し込み
融資までの時間 最短60分 WEB完結
審査時間 最速15秒 カードレス
無利息期間 60日間あり 担保・連保 不要
収入証明書 50万円以上 来店不要
郵送物なし WEBで返済
金利 4.50~18.0% 融資限度額 500万円

レイクALSAのカードレス契約なら、契約書をダウンロードで確認でき、自宅に郵送物が届く心配もありません。
21時(日曜日は18時)までに契約手続きが完了すれば、即日融資が可能なので急にお金が必要になった時にも安心して申し込むことができます。

あわせて読みたい
消費者金融でお金借りる!今すぐ現金が必要ならおすすめのネット借り入れをすべき \即日融資なら消費者金融がおすすめ/ 借金は、しないで済むならもちろんしないに越したことはありませんが、人生いつ急にお金が...

低金利で借入できる銀行系カードローン

銀行系カードローンの利点としては、他のカードローンよりも比較的低金利での借入が可能な点が挙げられます。
但し、審査はカードローンを提供している業者の中で最も厳しいとされています。

銀行カードローンでお金借りる※審査は厳しめだけど金利は安い!

新規口座開設が必要なネット銀行カードローン

ネット銀行のカードローンは申し込みやすい点が特徴です。スマートフォンからの申し込みが可能な業者は、独自にアプリを配信することでアプリから簡単に申し込みが可能となっている所もあります。
但し、新規口座開設が必要なケースがあるので、場合によっては少々手間がかかるケースもあります。

信販系カードローンは銀行系と消費者金融系の中間

信販系とは、クレジットカードを発行している信販会社が用意しているカードローンです。
金利、審査の難易度様々な点に於いて銀行系と消費者金融系の中間にあるとされています。
消費者金融には抵抗があるけど、でも銀行系だと診査に通るか不安という層の受け皿として機能している側面もあります。

即日融資とは?今すぐお金をかりが手に入る?

そもそも即日融資について知らない人に向けて即日融資について説明すると、即日融資とはその名の通り「その日の内にお金を融資してもらえること」を指しています。

即日融資は初めて契約するという人でも申し込みをしたその日に融資を受けることができるので、「今すぐお金を借りたい!」という人にはもってこいの融資方法と言うことができます。

借りたお金の返済方法に注意しよう

お金がない時には「どうやってお金を借りれるか」ばかりを考えてしまいがちですが、借りたお金は返済しなければなりません。
「ご利用は計画的に」との言葉もあるように、お金は「借りれるのか」だけではなく「返せるのか」まで考える必要がありますが、返済に関してはいくつかの注意点があります。

利息の総支払額は金利と借入日数で変わる

どのような形でお金を借りるにせよ、利息がかかります。銀行であれ消費者金融であれ、いわゆる「金融機関」と呼ばれているサービスは利用者にお金を貸し、利息と共に返済してもらうことで利益が生まれるシステムです。
どれくらい利息がつくかは金利によって異なるのですが、注意点として金利の数字は借りているお金の総額と日数によって変化します。
金利が低くとも、支払期間が長くなれば支払総額はそれなりに多くなる点は覚えておきましょう。

最少返済額に注意

最小返済額は二つの意味で注意が必要です。
一つめは「最小返済額以上の返済が必要」な点です。特にATMからの返済の場合、自分で返済額を決めて振り込む形となりますが、最小返済額未満の場合、未払い・遅滞として処理されてしまいます。
もう一点は、最小返済額が少ないと、返済額の負担が少なくなると考えがちなのですが、利息に充当される分も少ないので結果的に長期間の返済を強いられます。
例えば10万円を金利18%のリボ払いで借りたとします。月々の返済額が2,000円であれば毎月の負担は少ないですが、元本に充当される額は1,000円にも満たないでしょう。

返済額が少ない=元本充当分が少ない=支払う利息が多い

このような図式になることを覚えておきましょう。

返済方法と手数料について

返済方法、さらには手数料にも注意が必要です。
これらは金融機関によって異なる部分ですが、自分自身のライフスタイルの負担にならない方法なのかが重要です。
例えば返済方法が指定銀行への振り込みで、メインバンクからの振り込みだと手数料がかかったり、あるいは近隣に返済できる提携ATMがない場合には返済のために遠方まで足を運ばなければならないケースもあります。

今すぐお金を借りたい人は消費者金融系カードローンがおすすめ!

今すぐ借りたい

では、まずは二つの違いを比較してみましょう。

一般的に銀行のカードローンと消費者金融はどちらが安全なイメージでしょうか。
(銀行カードローンといえば三菱東京UFJ銀行カードローン バンクイックや三井住友カードローンなど。消費者金融は、アコム・プロミス・アイフルなどのことを指します。)

世間一般のイメージだと、おそらく銀行のカードローンの方が安全なイメージを持っていると思います。

しかし、結論から言いますと、2018年1月以降、銀行カードローンの即日融資が安全性の面を考慮して停止になったため、即日融資を希望する場合は、消費者金融のカードローンのみとなっています。

なので、今すぐお金を借りたい!という人の中でも、「今日中に!」という人は消費者金融カードローンがおすすめ。「3日くらいはまだ待てる!」という人は銀行カードローンも視野に入れることができます。

以下に具体的な消費者金融と銀行カードローンの違いを表にしてみました。

項目 銀行カードローン 消費者金融
総量規制 なし あり
金利(目安) 〜14.5% 〜18.0%
無利息期間 なし あり
?即日キャッシング 不可 平日14時まで申し込み可能
審査 厳しい 比較的柔軟に対応
在籍確認 あり あり(書類でも可の場合あり)
保証人 ?なし ?なし

 

一番大きい違いは、総量規制があるか・ないか。

総量規制

やはり一番大きな違いは総量規制があるかないかの違いです。

総量規制とは2010年から施行された法律で、年収の1/3の金額までしか借り入れが出来ないことを指している法律のことです。

これが施行される以前はもっと借りることができたのですが、この法律が出来てからはお金を借りられる額が少なくなりました。
それに加えて、総量規制は消費者金融のみが対象となっていて、銀行カードローンは対象外となっています。

※借入に適用される総量規制はすべてが対象となるわけではありません。
例を挙げると、「おまとめローン」を活用するような場合は、総量規制の範囲に入らないので、年収の1/3を超過するキャッシングをすることが可能です。

結果▶多額を借りたいなら銀行カードローンがおすすめ

金利が低いのは?

金利

金利が低いのも実は銀行のカードローンです。上限金利を比較するとわかると思いますが、消費者金融だと大体18.0%程度なのですが、銀行カードローンの場合は14.5%ほどで借り入れることができるケースがほとんどです。

しかし、2017年4月に銀行の過剰融資に対する自主規制によって、銀行カードローンの審査の難易度はだんだん上がってきてしまっています。

結果▶審査は厳しくても金利が安い方が嬉しい!そんな方は銀行カードローンがおすすめ

金利比較表

金利のみを比較した表を作成してみました。

銀行カードローン 金利
三菱東京UFJ銀行 1.8%~14.6%
みずほ銀行カードローン 2.0%~14.0%
三井住友銀行カードローン 4.0%~14.5%
りそな銀行カードローン 3.5%~12.475%
楽天銀行カードローン 1.9%~14.5%
住信SBIネット銀行 ミスターカードローン(スタンダートコース) 8.39%~14.79%
住信SBIネット銀行 ミスターカードローン(プレミアムコース) 1.59%~7.99%
消費者金融カードローン 金利
アコム 3.0~18.0%
プロミス 4.5~17.8%
アイフル 4.5~18.0%
SMBCモビット 3.0~18.0%

一覧としてチェックしてみると、それぞれの金利の相場が見えてくるのではないでしょうか。

審査スピード

審査スピード

続いて即日審査のスピードや審査の厳しさについてご紹介していきます。

まず、即日審査のスピードに関してですが、スピードは比較にならないほど、消費者金融の方が早いです。

これは、銀行のカードローン審査の厳格化の影響で警察庁へのデータ照会を行う工程が増えたことで、銀行は即日融資をすることはほぼ不可能になりました。
そのため、即日融資を銀行で行うことは実質できないのです。

一方、消費者金融の場合はそういった審査にかかる工数が非常に少ないため、スピード感は圧倒的にあります。
平日の14時までに申請・審査を終えることができれば、即日お金を振り込んでもらうことも可能です。

また、無人契約機を使えば、無人契約機の営業時間である22時までであれば、カードを発行してもらい、申請すれば即日で現金を借りることもできます。

また、消費者金融にてお金を借りるという場合でも、借入金額次第では収入証明書はいりません。
全国展開している消費者金融なら、原則50万円に届かない程度の融資額でしたら、要求されることはありません。

結果▶どうしてもお金が必要という場合には、消費者金融を選んだ方が即日キャッシングが可能なので、今すぐ現金が欲しいのであれば消費者金融を選択するべきです。

ちなみにカードローンの審査では下記の3つをチェックします。

  • 本人確認
  • 在籍確認
  • 信用情報の照会

本人確認は、申請時の住所・氏名・生年月日などが、提出された免許証などの身分証明書と合致しているのかを確認します。
在籍確認は、申請書類の勤務先で本当に働いているのかを確認します。
席を外していても問題ありません。
電話に出た人が「○○は席を外しています」と答えることにより、在籍が確認できます。

1番問題なのが信用情報の照会です。
ここでは、過去・現在の借り入れ、返済状況などトラブルがないかなどを確認します。

審査の厳しさ

審査において一つ注意してもらいたいのが、同時に複数社に借り入れの申請を出してしまうと、融資する側としては、「この人はお金に困っているのではないか」と疑われてしまい、審査に落ちるケースが増えてしまうので、短期間でいくつもの業者に申し込むのはなるべく避けた方が良いでしょう。

在籍確認の方法

在籍確認

在籍確認とは、審査の際に借り入れ者の勤務先に借り入れ者が在籍しているかどうか確認をとることで、申請時に借り入れをする人が虚偽の勤務先を告げていないか確認するために行われています。

この在籍確認の方法が実は銀行のカードローンの場合と、消費者金融の場合で若干違うのです。

基本的に在籍確認は、申し込みをした後にすぐに勤務先に電話が掛かってくることがほとんどで、確認する側は会社の名前ではなく、個人の名前でかけてくれます。

この在籍確認で消費者金融からお金を借りていることがバレることはほとんど無いのですが、万が一ということもあるので、電話での在籍確認を嫌がる人も多いです。

銀行のカードローンの場合、この電話での在籍確認は避けては通れないのですが、消費者金融だとそんなことはありません。
大手の消費者金融でも申請時に職場に電話して在籍確認することを断ると、書類での在籍確認に変更してくれることがほとんどです。

中でも、SMBCのモビットは「WEB完結」の申し込みの形をとれば、在籍確認も全てWEBで行ってくれるので、電話での確認はもちろん、郵便物なども届かないので、誰にもバレずにお金を借りることが可能です。

ただ、50万円以上の借り入れをする場合は、必ず収入証明書の提示を求められるので、気をつけましょう。

スマホアプリで簡単にお金を借りる

スマートフォンには多々アプリが登場しています。
金融機関の中にはアプリをリリースし、利用者の利便性の向上に努めている所もあれば、アプリから申し込みが可能な業者もあります。
アプリからであれば気軽に申し込めるとあって、好評を博していますので、気になる金融機関を見つけた場合、アプリがないのかもチェックしてみると良いでしょう。

あわせて読みたい
スマホアプリでお金を借りる&稼ぐ方法
【最新版】スマホアプリでお金を借りる&稼ぐ方法!簡単に借りれるおすすめのアプリローン紹介お金を借りたいけれど、電話したり書類を送ったりするのが面倒くさい…そう思ったことはありませんか? その悩みは「スマホアプリローン」で解...

クレジットカードのキャッシング枠を利用する

日常生活の中で、クレジットカードは身近な存在です。
特に昨今はネットショッピングで存在感を高めています。むしろネットショッピングがこれだけ発達した背景にはクレジットカードの利便性があるからこそですが、クレジットカードの中にはキャッシング機能が付帯されているものもありますので、既にクレジットカードをお持ちで、且つキャッシング機能が付帯されているのであれば、そちらを利用してみるのも良いでしょう。

カードローンとキャッシングの違い

カードローンとキャッシング。
しばし混同してしまいがちな両者ですが、実際にはどのような違いがあるのでしょうか。
近年は「ほぼ同じもの」として扱われがちですが、クレジット機能が無く、お金を借りる機能のみが搭載されているカードローンに対し、クレジットカードの現金を借りる機能をキャッシングと呼ぶケースもあるようです。

返済方法の違い

カードローンとキャッシングでは、返済方法が異なるケースが多いです。カードローンの場合、振り込みが多いです。もちろん引き落としも選べるのですが、ATMで借りたり返したりができる気軽さもカードローンの魅力の一つです。
一方、キャッシングの場合、クレジットショッピングとの合算を口座引き落としのケースが多いです。クレジットショッピングがない場合でも銀行引き落としとなりますので、ともするとカードローンの方が面倒に感じるかもしれません。しかし、振り込みの場合、自分の好きな額振り込めます。余裕のある時には多めに支払ったり、完済が近付いてきたら一気に全額支払うなど、自由さも魅力に挙げられます。

金利が安いのはカードローン

一般的に、キャッシングよりもカードローンの方が金利が安い傾向にあります。

カードローン金利

アコム 3.0~18.0%
プロミス 4.5~17.8%
アイフル 4.5~18.0%
SMBCモビット 3.0~18.0%

キャッシング金利

エポスカード 18.0%
セゾンカード 12.0~18.0%
ファミマTカード 14.59~17.95%

上限金利に関してはどちらもほぼ同じですが、最低金利に関してはカードローンの方が低いことが分かるのではないでしょうか。
もちろん誰もが最低金利でお金を借りることができるわけではありませんが、経済力、あるいは取引履歴が豊富になれば金利が低くなる可能性もあります。

融資上限金額に違いはあるか?

融資上限額に関してもカードローンの方が高いです。
実際にそれだけのお金を借りるかどうかは別として、カードローンはいわば「現金を貸す専門業者」です。一方、キャッシングの場合、クレジットショッピングもあります。ショッピング枠とキャッシング枠の合計が「業者が貸しているお金」になりますので、キャッシング枠だけで考えるとカードローン業者の方が高いのも当然です。

あわせて読みたい
クレジットカードでお金借りる!キャッシングできるカードの比較全まとめ! 現金の持ち合わせがなく、急に買い物をすることになった場合、役に立つのはご存知の通りクレジットカードですよね。手持ちカードがなくて...

コンビニのATMでもお金を借りられる

近年はコンビニには大抵ATMが用意されています。
手数料がかかるとはいえ、24時間ATMを利用できる点は大きなメリットかと思いますが、コンビニATMと提携している金融機関も増えてきていますので、お金を借りることが可能です。
24時間お金を借りるだけではなく、返済もできるのでカードローンは主にコンビニでという人も多いようです。

コンビニATMでお金を借りる|セブンイレブン・ファミリーマート・ローソンでキャッシングはできる?

今すぐお金を借りたい人は消費者金融系カードローンがおすすめ!

とにかくすぐにでもお金を借りたい人におすすめが消費者金融系カードローンがおすすめです。
ネットを活用することで審査がスピーディーに行われる点、さらには審査が比較的通りやすいとされています。

即日融資の流れ(今すぐお金を借りたいとき)

即日融資

即日融資の場合は、無人契約機に自ら行くか、インターネットで申し込むかの方法がありますが、スマホ・PCからインターネットで申し込んだ方がとても便利なので、即日融資はインターネットから申し込む方をオススメします。

\ プロミスが即日融資も可能でおすすめ /
プロミス

以下がWEB申請から、契約までの流れです。

  1. WEBでフォーマットに沿って申し込む
  2. 審査開始
  3. 信用情報機関に照合
  4. 勤務先へ在籍確認の電話がかかる
  5. オンライン契約
  6. 即日振込
  7. カード発行(カードレスのところもあるので注意)

審査はどこもだいたい「最短30分」と言っていますが、あくまで最短での時間なので、実際はもう少し時間がかかることを覚えておきましょう。

『即日融資』と謳いあげていても、利用するローン会社によって、即日に融資を実行できる時間帯が異なっているので、前もってその時間帯を確かめてから動くようにしなければなりません。

またWEBで申請する場合はカード発行なしで、振込などの操作も全てアプリで使うケースが増えているので、これもWEB申請が便利な理由の1つです。

勤務先でお金を借りる方法

条件次第ではありますが、勤務先でお金を借りることも可能です。
まだまだあまり知られていないのですが、いくつかの方法があるのでご紹介します。

会社の従業員貸付制度を利用する

従業員が安心して働けるように環境を整えるのも雇用主たる企業側の責務ですが、福利厚生の一環として従業員貸付制度を用意している企業もあります。
こちらは分かりやすくいえば、従業員にお金を貸してくれる制度です。
用意しているかどうかは企業によって異なりますが、一般的には3.0%前後と金融機関よりも低金利でお金を借りることが可能です。
但し、当然ですが社員である必要もあれば、会社によって条件が異なるケースもありますが、社内で完結するものです。また、あくまでも「会社の福利厚生」ですので、仮に延滞や遅滞をしてしまったとしても、信用情報に名前が記載されることはありません。

あわせて読みたい
会社からお金借りることはできる?審査や今すぐ融資できるか調査!給料だけでは生活費をカバーできない!など、ピンチなときに役立つのが会社からお金借りる方法です。貯金だけではカバーできない状況をどう乗り越...

公務員は共済組合から低金利でお金を借りられる

公務員であれば共済組合を活用してお金を借りることも可能です。
共済組合にも様々な団体があるのですが、一般的に月額給与の6倍までが借入額の上限で、金利は3.0%前後。こちらも従業員貸付制度同様、金融機関と比べると低金利です。
返済期限も90カ月、120カ月なども用意されていますが、こちらも所属している共済組合によって異なる部分ですので、よく確認しておくとよいでしょう。

あわせて読みたい
公務員でもお金を借りる方法はあります!!在籍確認をかわす裏ワザ さまざまな職業の中で、一番安定しているといわれる公務員ですが、一般企業と違い給与は年功序列で決定されます。給料の中から、住宅ロー...

審査なしでお金を借りる方法

お金を借りるためには、一般的には審査に通らなければなりません。
お金を借りるということは、貸す側がいてこそです。お金を貸す側としては、返ってこなかったらリスクでしかありませんので、返済能力等を審査するのはリスクヘッジの観点からも当然です。しかし、審査なしでもお金を借りることができるものがいくつかあるのをご存知でしょうか。

生命保険の契約者貸付制度を利用する

加入している生命保険からお金を借りることもできます。
「契約者貸付制度」と呼ばれるもので、こちらは契約者本人のみが利用できるもので、金利も金融機関よりも低く設定されています。
メリットとして、カードローンやキャッシングのように月に一度返済日までに返済するのではなく、好きなタイミングでの返済が可能ですが、だからといってまったく返済しなければ催促がくるだけではなく、保険そのものが失効してしまう可能性もあるので気を付けましょう。

あわせて読みたい
生命保険でお金を借りる方法
生命保険でお金を借りる方法!契約者貸付制度のメリットとデメリット 「何かの用で急にお金が必要になった」 「銀行や消費者金融からの借入は避けたい」 「クレジットカードのキャッシング枠がない」 「...

質屋でお金を借りる

少々古いイメージがあるかもしれませんが、「質屋」でもお金を借りることが可能です。
厳密には、質屋に物を預けることで、物を担保にお金を借りることになります。そのため、どれだけの金額を借りることができるかは、担保にするもの次第です。
有名ブランドの時計や貴金属であれば質屋としても多くのお金を貸してくれることでしょう。但し、質屋としてはお金を貸すというよりも、「買取った」との考えも持っています。そのため、担保に出した商品が売れてしまう可能性もあります。約束の日付までにお金を返済できない場合には売りに出すとの契約書を結ぶ質屋もありますので、「借りる」というよりは、どちらかといえば「売却」に近い意味合いのものです。

あわせて読みたい
質屋でお金借りるのは少額ならすぐだが、メリットとデメリットを理解しておこう 銀行や消費者金融のキャッシングやカードローンの審査に通らない 3万円程度の少額なお金でカードローンを使...

口座があれば郵便局で審査なしで借りられる

郵便局でお金を借りることも可能です。
条件としては郵便局に定期貯金、国債、財形貯金のいずれかがある場合です。
これらを担保としてお金を借りることができますので、郵便局に口座がない場合は残念ながらお金を借りることはできません。
金融機関のカードローンのように、ベットサービスを申し込んで…といった類のものではなく、あくまでもすでに利用している人むけのものです。

あわせて読みたい
ゆうちょ銀行でお金を借りる!5つの借り方を丁寧に解説
ゆうちょ銀行でお金を借りる!5つの借り方を丁寧に解説ゆうちょ銀行でお金を借りる、えっ、借りれるんですか?郵便局は郵便を出し、切手を買い、貯金をして、保険の申し込みをするところ、そう認識して...

JAバンク(農協)でも低金利でお金を借りられる

農協、いわゆるJAバンクでも低金利でお金を借りることができます。こちらは他の金融機関同様、カードローンとしてサービスを提供しています。
決してJAに加入している農家の方を対象にしたものではなく、誰もが利用できます。但し、組合員と非組合員とでは審査に差が出るとされています。
地域ごとに審査条件等は異なるのですが、JA東京中央を見ると4.5~12.0%と一般的なカードローンよりも低いことが分かるのではないでしょうか。

あわせて読みたい
農協【JA】でお金を借りる場合の審査など全部まとめました「農協」(JA)を知らない方はおそらくいませんよね。田舎にある農作物を扱う販売店がまさに農協ですが、農協は農産物スーパー以外にも、銀行の...

少額のお金を借りるなら

「お金を借りる」となるとどうしても大げさなものになりがちですが、少額程度であれば善意で貸してくれるところもあります。

警察署や交番でお金を借りる

我々の生活に於ける「安心」を支えている警察官がいる警察署や交番は、実は少額であればお金を貸してくれます。
例えば「財布を盗まれてしまって地元駅まで帰れない」「お腹が空いたけどお金がないのでどうすることもできない」といった要望に、警察官が善意として貸してくれることもあります。
但し、あくまでも「善意」であって、明文化されたルールではありません。
そのため、貸してもらえないとしても警察官が悪いことをしている訳ではありません。

あわせて読みたい
警察官はお金を借りることはできる?バレずに借りる方法と手段
警察官はお金を借りることはできる?バレずに借りる方法と手段 この記事で分かること 警察官はお金を借りられるのか お金を借りる警察官がクビになると言われる理由 警察官が...

駅でお金を借りる

同様の理由で駅でお金を借りることも可能です。
こちらも駅員の善意になりますので、もしもお金を借りることができないとしても、むしろそれが当たり前です。

あわせて読みたい
駅でお金借りる方法があった!利用条件と注意点をチェック!「電車から降りるときに乗車券がない」「運賃が足りない…」など、駅の中でお金がなく困った経験がありませんか?手元にお金がないと焦りと不安で...

フリーターやアルバイトでもお金を借りるなら知っておくべき知識

もちろんフリーターやアルバイトでもお金を借りることは可能です。その場合、消費者金融など審査が比較的に緩い場合や、収入の在籍確認をバイト先に確認されるなど事前に知っておくべきことが多くあります。

あわせて読みたい
フリーターでもお金を借りる方法
フリーターでもお金借りる方法!審査や在籍確認も解説フリーターがお金を借りる方法!勤続年数などをチェック フリーターがお金を借りるために必要な前提...
あわせて読みたい
アルバイトでもお金を借りる方法
アルバイトでもお金借りる方法!時給は関係ないって知ってた?アルバイトは時給や出勤数によって給料が左右されるため、収入が入るまでお金が足りず困ることがありませんか? しかし、アルバイトは社会...

無職でもお金を借りる方法をケース別に紹介

お金を借りるためには経済力等、「信用」が求められます。
そのため、無職の場合、経済力はもちろんですが社会的信用が低いため、なかなかお金を借りることができません。
それでも状況次第で方法がありますので、いくつか紹介させていただきます。

あわせて読みたい
無職やニートはお金を借りることができない?失業中の無職やニートでも安全にお金を借りる手段を紹介!やりたい仕事が見つからず、やむを得ず無職やニートで暮らしている人はたくさんいます。少ない給料や残りわずかの貯金で生活していても、公共料金...

専業主婦

専業主婦の場合、夫を保証人にすればすぐにでもお金を借りることができるでしょう。
但し、延滞・遅滞の際には夫に連絡がいく可能性もあります。
ただ単にお金を借りるのではなく、夫にバレずにとなれば自らも仕事をするか、あるいはクレジットカードに加入して少額のキャッシングに申し込むかが考えられます。

あわせて読みたい
専業主婦がお金借りる方法!審査落ちしないノウハウを公開中夫がどんなに安定した収入を稼いでいても、出費が度重なると「今月、生活費が足りない!」と危機感を感じたことのある主婦の方は多いのではないで...

失業中

失業中の場合、様々な事情があるにせよ状況的には「無職」であり、「無収入」です。
そのため、金融機関からお金を借りるとなると現実的に厳しいのですが、代わりに失業しているからこそ利用できる制度もあります。

職業訓練受講給付金(求職者支援制度)

こちらは失業中で、かつハローワークの指示で職業訓練を受けている場合に限るのですが、お金を借りるというよりも、支援として受け取ることができます。
但し、条件は厳しいです。ハローワークへの申し込みだけではなく、本人の収入が月額80,000円以下で、かつ世帯全体の収入が月額250,000円以下。さらには土地や建物を所有しておらず、過去3年以内に特定の給付金の支給を受けたことがないといった条件が設定されています。

求職者支援資金融資

こちらも行政からの支援です。
職業訓練受講給付金同様、条件が用意されており、全てクリアしている求職者に限り、月額100,000円の融資を受けることがでいます。また、振り込みの際は「ろうきん」に限定されますので、ろうきんの口座を作っておかなければなりません。
貸付利率が3.0%と、一般的な金融機関よりも低く設定されていますし、担保や保証人が不要なのですが。あくまでも「失業者の一時的な支度金」的な意味合いが強いので、条件に当てはまるかどうかがポイントです。

年金生活者

年金生活者にとってもお金は大切です。
むしろ年金が少ないからこそ、お金を借りたいと思っている方も多いかと思いますが、年金生活者がお金を借りる手段はどのようなものがあるのか、いくつかご紹介します。

国や自治体からお金を借りる生活福祉資金貸付制度

全国社会福祉協議会が用意しているもので、低所得世帯、障碍者世帯、高齢者世帯のいずれかが対象です。
連帯保証人がいる場合には無利子、いない場合には1.5%と金融機関よりもかなり低いことが分かるのではないでしょうか。

あわせて読みたい
生活福祉資金貸付制度
生活福祉資金貸付制度でお金を借りる方法!審査の基準は?お金に困った場合、どこからか借入を受けることになりますが、多くの方が 「銀行は金利が低いからそこで借りたい」 「一刻も早く使い方...

年金担保貸付制度なら年金受給者でもお金が借りられる

令和4年3月末での終了が決まっている年金担保貸付制度も、年金生活者向けのサービスです。
国民年金や厚生年金を担保として融資を受けることができるもので、法律として認められている公的なものです。
年金担保の場合は2.8%、労災年金担保貸付の場合は2.1%とこちらも一般的なカードローンと比べると低金利です。

恩給・共済年金担保融資

恩給、あるいは災害補償年金を受けている方向けの融資です。
利率は0.51%から1.66%と低水準ですが、担保とする年金の額面から割合が決められ、最大で250万円までです。

不動産担保型生活資金と不動産担保融資なら高額融資も可能

不動産担保型生活資金、あるいは不動産担保融資であれば年金生活者でも高額融資が可能になります。
但し、あくまでも担保があるからですし、仮に返済ができなくなってしまった場合には不動産の権利が損なわれてしまいます。
それでも、年金生活者にとって最も高額融資が期待できるものです。

あわせて読みたい
市役所や国からお金を借りる方法を優しく解説 今回は公的機関である自治体や国からお金を借りる方法について説明したいと思います。 この記事の内容をまとめるとざ...

未成年・学生だとお金を借りられない?

未成年や学生の場合、経済力が伴っていませんのでお金を借りるにあたっては審査が不利です。それでも、いくつかお金を借りることができるサービスが用意されています。

奨学金制度

ある意味最も有名な「学生がお金を借りる方法」なのではないでしょうか。
奨学金制度は、学生にお金を貸してくれるもので、且つ返済は社会人になってからです。社会人になれば安定したお給料を得られるので、そこから返済をと考えられた一見良心的なものではありますが、奨学金の額が高額の場合、社会人になってから何年、何十年と返済を行うことになりますので、次第に大きな負担となってしまいます。

学生ローンを活用する

学生ローンを活用してみるのもよいでしょう。
学生ローンは、ネーミングからも分かるように学生のためのローンです。但し、学生ローンは金融機関同様、審査があります。アルバイトをしていない学生の場合、審査で不利になることが予想されます。

学生専用ローン一覧

学生ローンはいくつかありますが、カレッヂ、フレンド田、ニチデン、イー・キャンパスといったものが有名です。

学生がお金を借りる方法|キャッシング、奨学金や学生ローンを使い分け賢く借りる

学生でもクレジットカードのキャッシング枠を使う

学生でもクレジットカードを作れるところがあります。信販会社としても早い段階で学生にクレジットカードを持ってもらいたいとの思いもあれば、とりあえずクレジットカードさえ渡しておけばお金を使ってくれるかもしれないとの見込みがあるからです。
そんなクレジットカードにキャッシング機能が付帯されている場合、学生ではあってもキャッシングでお金を借りることが可能です。

ろうきん

ろうきんであれば学生であってもお金を借りることができる可能性があります。
ろうきんは労働組合の金融機関で、利益を追求した金融機関ではなく、労働組合員の安定した生活のためにお金を貸してくれます。学生であってんも親の承諾を得ればお金を借りることができるかもしれませんが、決して審査が行われない訳ではありませんので、バイトをしていないと審査は幾分不利になります。

あわせて読みたい
労金【ろうきん】でお金を借りる条件※カードローンの審査は厳しい? 今すぐにお金借りるという場合には向いてないので注意が必要です。 この記事で分かること ...

自営業者・個人事業主・中小企業がお金を借りるビジネスローン

お金を借りるためには信用が大切になります。
信用とは人間的なものではなく、経済的なものです。そのため、倒産リスクが限りなくゼロに近い公務員の信用度はとても高いですし、逆にどれだけ収入が良くとも自営業や個人事業主の場合、信用は低くなってしまいます。

そんな自営業者や個人事業主、或いは中小企業の場合は日本政策金融公庫を頼ってみるのもよいでしょう。
公的なものなので審査が厳しいものの、様々な融資が用意されていますので、該当するものがないか調べてみるとよいでしょう。
もしも該当するものがあれば、検討するだけの価値はあるものです。

あわせて読みたい
マル経融資でお金借りる!利率激安の商工会議所は個人事業主でも融資OK個人事業主の人が融資を受けたい場合、みなさんならどこへ行きます?都銀は個人事業主なんて相手にしなそうですよね。地銀、信金・・・?、実は超...

自己破産・ブラックでもお金を借りる方法

かつてお金を借りて自己破産してしまった経験がある場合、お金を借りることは難しいです。
金融機関側としても自己破産を把握しています。自己破産には様々な意味合いがありますが、金融機関側からすれば、どのような事情があるにせよ「貸した約束を守れなかった人」です。
これらの事情を踏まえると、そこからお金を借りるとなれば簡単ではないことが分かるのではないでしょうか。しかし、それでもいくつかお金を借りる方法があります。

生活サポート基金なら自己破産者でもお金を借りられる

生活サポート基金とは一般社団法人です。多重債務で悩んでいる人の救済を目的としたもので、お金を貸すというスタンスではなく、「生活支援」というスタンスで様々なアドバイスのもと、資金の支援も行ってくれます。
そのため、カードローンやキャッシングのように、自分が借りたいお金をATMで数字入力して借りるのではなく、常に相談することになります。
軽い気持ちでお金を借りたい人にとっては面倒かもしれませんが、本気で現状を変えたいと思っている人にとっては有意義な団体です。

あわせて読みたい
生活サポート基金でお金を借りる方法
生活サポート基金でお金借りる方法!融資相談は無料なので活用すべき!お金を借りたいとき、どこで借りていいか不安になりませんか?融資の仕組みも分からないし、負担を大きくしたくもありませんよね。子どもの教育費...

中小消費者金融

大手の金融機関や消費者金融の場合、いわゆる「ブラックリスト」の情報を共有していますので、自己破産経験者が審査に通る可能性は0%です。既に10年以上前の話であれば可能性も変わりますが、ブラックリストに掲載されている以上、審査には通りません。
しかし、ブラックリストの情報を共有していない中小の消費者金融であれば審査に通過する可能性もあります。
但し、中小の金融機関の中には真っ当な営業をしていない業者も見受けられます。いわゆる「闇金」すれすれの存在もいますので、それなりにリスクが伴うであろうことは理解しておく必要があります。

あわせて読みたい
中小の消費者金融でお金借りる!大手と違って審査が緩い・甘いは本当なのか!? 今回は中小消費者金融が安全で安心であること、その審査基準、即日融資の方法などについてお話ししたいと思います。 ...

お金借りる「掲示板」は危険!

昨今、インターネットの発達に伴い、それまで業者を通して行わなければならなかったサービスも、ネットを介してCtoC、つまりは個人間で行うことができるようになりました。
そのため、お金を貸してくれる人が集まっている掲示板等もあります。
金融機関からの審査に通過できない人、学生や主婦で経済力が伴っていないけどお金を借りたい人にとっては、それらの存在はありがたいものでしょう。
しかし、認可を得て営業している訳ではなく、あくまでも「個人間」です。責任も含めてすべて当事者同士で決めることになりますので、トラブルに発展しやすいです。
書面できっちりと契約を結ぶわけでもなければ、当初の話と違う利息になったり、貸す側の事情が変わったので急に返済を要請されたり。
しっかりとした業者であれば有り得ないことも、個人間であれば起きてしまうリスクがあることは覚えておきましょう。

お金借りたいけど審査に通らない!諦めるしかない?

お金を借りる方法をいくつか紹介しました。
審査に通らないとなれば、お金を借りることを諦めざるを得ないと考える気持ちに支配されるのもよく分かるのですが、一方では一般的なカードローンやキャッシング以外にも、お金を借りる方法はたくさんあります。

特に行政関連は、営利を追求していないので大々的に宣伝していませんので、知名度も低いです。そのため、実際には有用なサービスでもあまり知られていませんが、該当する場合には有効活用できるものですので、お金の借り方はカードローンやキャッシング以外にも多々方法があることを覚えておくとよいでしょう。参考 闇金に注意

関連 要注意!金融犯罪の手口

まとめ:今すぐお金を借りたい場合は消費者金融の即日融資を試してみましょう!

今すぐ借りたいなら消費者金融の即日融資

いかがだったでしょうか。今回は、今すぐお金を借りたい!という人に向けて消費者金融と銀行のカードローンでの即日融資について比較してきました。

本記事を読んでわかる通り、今銀行で即日融資を受けることは難しいのが現状です。
なぜこんなに厳しくなったのかというと、暴力団などの反社会的勢力に悪い使い方をされるケースが後を立たなかったためです。
今すぐお金を借りなければいけなくなった方はぜひ本記事を参考に正しくお金を借りてくださいね。

どこのカードローンを選定するのが最善策なのか比較してみたいという時に、確認しておくべきポイントは「無利息が適用される期間はどれくらいか」、「当日振込ができるか否か」、「収入証明書を用意しなくてもよいか」の3つです。

審査が早くて、直ぐに借りられる消費者金融をランキングにてご紹介します。
現金が必要といった状況下で、短時間の内に入金してもらえるのは嬉しいものです。

あわせて読みたい
消費者金融でお金借りる!今すぐ現金が必要ならおすすめのネット借り入れをすべき \即日融資なら消費者金融がおすすめ/ 借金は、しないで済むならもちろんしないに越したことはありませんが、人生いつ急にお金が...

\ プロミスが即日融資も可能でおすすめ /
プロミス

参考 日本賃金協会