未分類

即日融資でおまとめローンは可能?低金利ですぐにお金を借りる方法

あなたは複数の金融業者から借金をしてしまって、「利息が多い!返済管理が面倒すぎる!」と面倒なことになってしまった経験はありませんか。複数社から借りているとどうしても金利が高くなってしまいますし、月々の返済額が多くなってしまいますよね。しかしその悩み、実は「おまとめローン」が解決してくれるかもしれません!今回は消費者金融のおまとめローンについて審査や、限度額などについてご紹介していきます。

おまとめローン(別名:借り換えローン) とは?

おまとめローンとは、簡単に説明すると複数の金融機関から借りた借金を、一つのローン会社にまとめて一本化してくれるサービスのことです。メリットとしては、借り入れ先を一つにまとめることで借金の管理が非常に楽になったり、総体的な金利が低くなったりする点が挙げられます。複数の借金をしていると振込み手続きをそれぞれしなくてはいけなくなったり、複数のそれぞれの金利が重なってしまうため、どうしても金利が高くなってしまいます。そういった問題を一つにまとめることで一本化してくれるのがおまとめローンです。

そんなおまとめローンですが、消費者金融のおまとめローンと、銀行系のおまとめローンの二つのローンがあります。それぞれ見て行きましょう。

消費者金融のおまとめローンとは?

消費者金融のおまとめローンは、あまりオススメでないなどと言われますが、大手4社(SMBCモビット、アコム、プロミス、アイフル)は皆おまとめローンを扱っています。おまとめローンはどうしても高額の借り入れになってしまうため、審査はやや厳しくなりがちですが、消費者金融であればスマホやPCからでも申し込みすることが出来ますし、他人にバレにくいので、簡単に一本化したい、人にバレたくないといった人は消費者金融を選択するといいかもしれません。

銀行系のおまとめローン

一方銀行もほとんどがおまとめローンを扱っていて、消費者金融と比べて金利が安いことがメリットとして挙げられます。しかし、一見消費者金融より安全で、かつ金利も低いのでメリットしか無いのではないかと思われがちなのですが、実はデメリットも存在します。デメリットとしては、審査が通りにくいということです。特に大手の銀行などは非常に審査が厳しいため、まとめローンを使おうと思ってもなかなか厳しいものがあります。なので、銀行でおまとめローンを申し込みたい人は、審査に必要なことをしっかり調べておくといいでしょう。

なお今回この記事では、消費者金融でのおまとめローンに絞ってご紹介を進めさせていただきたいと思います。

 

消費者金融のおまとめローンの審査についてのQ&A

続いて、おまとめローンの審査についてです。先ほども触れましたが、おまとめローンは基本的に高額な借り入れになることが多いので、審査が厳しいことが多いです。そこでここでは審査にどれくらいの時間がかかるのか、また審査についてのあれこれをご紹介していきます。

審査はどのくらい時間がかかる?

まず、どれくらい時間がかかるのかについてですが、大手消費者金融サービスであれば大体どこも「最短即日」とありますが、あくまで最短なので、目安として考えておいたほうがいいでしょう。ただ、やはり銀行だとこんなに短期間で融資ができるところはないので、ここはやはり魅力的です。

審査に通りにくくなるマイナスポイントとは?

おまとめローンの審査に通りにくくなるマイナスポイントとしては、主に以下の二つが挙げられます。
・信用情報に傷がある
・申し込みブラックになっている

個人信用情報に事故情報がのっている人はブラックリストと呼ばれていて、過去10年以内に債務整理をしていたり、過去5年以内に3ヶ月以上の延滞をしていると傷がついているという判断を下されます。また「申し込みブラック」とは1ヶ月で三社以上のローンに申し込んでしまった人のことを指します。さすがにそこまで申し込んでいると、自転車操業をしているのではないかなどと疑われてしまうので、気をつけてください。

審査に通るためのポイント

審査に通りやすくするためのポイントとしては、

① 収入を安定させること
② 嘘の記述をしないこと
③ 短期間に何社も申し込まないこと

上記の三つが重要とされています。まず、基本的に①が非常に重要です。正社員以外は基本的になかなか消費者金融であっても通りずらいです。収入が不安定な人のローンを一本化しても払ってくれるかどうか分からないからです。②についてですが、基本的に融資の際に嘘をつくことは犯罪に値します。そのため、例え落ちる可能性が高かろうと、嘘の記述をしないことが重要です。③については当たり前ですが、短期間に何度も申請してしまうと、融資する側としては、「この人お金に困っているのでは?」と疑うので、絶対に短期間に何社も申し込むのはやめましょう。

消費者金融でおまとめローンをするときは年収1/3しか借りれない総量規制の対象内?それとも対象外?

おまとめローンは、総量規制の対象であるか否かについてですが、結論から言うと、実はおまとめローンは総量規制の対象外です。普通にキャッシングをする際には、通常、総量規制と言って、年収の1/3以内の金額しか借りることができないのですが、おまとめローンは例外で、この総量規制の対象外になっています。ただ、これだけ聞くと審査に通りやすいような気がしますが、実際そんなことはなくて、落ちる人は落ちるので、総量規制の対象外であることはそんなに関係が無いように思います。

おまとめローンの限度額や方法は?各消費者金融のおまとめローンの特徴をまとめてみました

おまとめローンは業者によって限度額や借り方が微妙に違います。そのため、以下におまとめローンを実施している大手3社を比較してみたので、ご覧ください。

おまとめローン アイフルの場合※特徴

アイフルには、「借り換えMAX」と「おまとめMAX」という二つのプランが存在します。
違いは金利のみで、
・借り換えMAX 12.0%〜17.5%
・おまとめMAX 15.0%〜17.5%

以上のように下限金利に差があります。借り換えは、アイフルでお金を借りたことがある人のみが借りることができるプランでそれ以外の人はおまとめMAXになってしまうので注意が必要です。

限度額については「1〜800万円」と設定されていて、後述しますが、他社と比べると、限度額は大きいです。また申し込み方法についてですが、普通に借り入れを申請するときと同様に、スマホ・PCなどでも可能ですし、電話でも可能です。

おまとめローン アコムの場合※特徴

アコムの場合は、「アコム借り換え専用ローン」があり、金利は
・アコム借り換え専用ローン 7.7%〜18.0%

となっていて、下限金利はアイフルよりも低いことが分かります。限度額は「1〜300万円」となっていて、アイフルに比べると限度額が少ないことが分かります。申し込み方法に関しては、アコムの場合は電話でコールセンターに電話をかけるのが一般的で、そこから店頭窓口か無人契約機で実際に手続きをして申請します。

おまとめローン プロミスの場合※特徴

プロミスは「貸金業に基づくおまとめローン」と言う商品名で用意していて、金利は
・貸金業に基づくおまとめローン 6.3%〜17.8%

となっていて、下限金利は最も低いと言えます。限度額はアコムと同様に「1〜300万円」となっていて、申し込み方法は、アコムと同様にインターネットからの申し込みは受け付けておらず、無人契約機か店頭窓口のどちらかで申し込むことができます。

まとめ

カードローンの借り換えをする際は、当たり前のことながら低金利な金融機関を見つけることから始めましょう。手間ひまかけて借り換えることにしたのに、今まで利用していたカードローンの借入利息とほぼ同じでは徒労に終わってしまいます。
おまとめローンを申し込む意義は、高金利の業者から低金利の業者に移行することで、一回あたりの返済額を軽減すると同時に、返済合計額の低減を現実のものとすることだと言えるでしょう。
キャッシングの申込方法はいろいろありますが、主流となっているのがインターネットを介した申し込みです。必要な情報の入力から審査をクリアできたかどうかの確認、身分を証明する書類の提出まで、全部オンラインを通じて実施します。

 

即日融資で今すぐ現金を借りたい人におすすめのカードローン