未分類

今すぐ現金が欲しいから消費者金融を利用して銀行より確実な即日融資を受ける


借金は、しないで済むならもちろんしないに越したことはありませんが、人生いつ急にお金が必要になるかわかりません。

実際、支払いギリギリになってから「今月はヤバい!」と気づくこともありますので、いざという時に融資を受けられる状況をつくっておくことは大切です。

この記事では、今すぐ現金がほしい時に即日融資を受けるための方法や、やってはいけない禁止事項などについてくわしく解説していきます。

今すぐ現金が欲しいと思う瞬間!理由の多くは支払日前というタイミング

現金が必要になるタイミングといえば、「ギャンブルにつぎ込みたい時」とか「ぜいたくをしたい時」というイメージをもつ人も多いかもしれません。

しかし、じつは一番多いのは「支払い直前」。車や住宅のローン・クレジットカード代・光熱費などが引き落とされる寸前になって、「口座にお金がない!」とあせる人が多いのです。

冠婚葬祭などの急な出費はもちろんだが、実は支払日前の「あと少し」が最大の理由

もちろん、急な冠婚葬祭があった時なども現金が必要になります。とくに結婚式では最低でも3万円のご祝儀を包むのが通例ですし、お葬式を自分で出すとなると数十万~高ければ100万円以上の費用がかかります。

しかし、現金が必要になるタイミングで一番多いのは、月末の支払い前。本当なら、前もって口座の状況を把握しておき、次の引き落としに備えておくのが理想ではありますが、日々生活に追われているとなかなか難しいものです。

実際、いざ引き落としがかけられる目前になって「あと〇万円足りない!」と気づくことってありますよね。別にぜいたくなんかしていなくても、予定外の出費が多かったりすると支払いが苦しくなることは、誰にでも普通に起き得ることです。

今すぐ現金が欲しいのに無理!その理由は「総量規制」にあり

ここ数年見聞きするようになった総量規制とは、「業者が民間人に過大な貸付を行なわないように!」という意味合いで、「個人の借金の合計が年収の1/3を超えるようなことがあってはいけない」というように規制した法令になります。

この総量規制は「貸金業法」という法律で定められているルールのため、おもに消費者金融・信販会社・クレジットカード会社からの借入れが対象です。

銀行には「銀行法」という別の法律が適用されますので、銀行での借入れに総量規制は関係ありません。

収入を得ていない人に関しましては、総量規制の対象となっている貸金業者からは、どうあがいても借金することはできません。それがあるので主婦が貸付してもらえるのは、銀行オンリーと言えるでしょう。

ただし、銀行カードローンで多額の借金を抱える人が増えたこともあって、2017年ごろから自主規制する銀行が増えています。そのため、収入のない専業主婦の場合は、借りられても少額のみというケースが少なくありません。

おまとめローンならやっぱり銀行!だけど消費者金融でも総量規制の対象外という場合もある

おまとめローンを検討する際、真っ先に「どこに申し込むのが最良なのか?」という問題にぶつかりますが、そんな場合は、金利の低い銀行系を選択肢にすれば失敗はしないでしょう。

ただし、消費者金融でも借入時の総量規制に例外規定があります。事実、「おまとめローン」でキャッシングするときは、総量規制の対象にはならないので、年収の3分の1を上回るローンを組むことが可能となっています。

基本的に、フリーローン利用に当たっては担保は無用ですが、多額の資金を低金利で借り入れる場合には、担保が要されることもあるそうです。

キャッシングをするに際して、頭に入れておかなければならない必須事項は少なからずありますが、何と言っても重要なのが総量規制だと言えるでしょう。

今すぐ現金が欲しい人は、無利息&即日融資のサービスがある消費者金融を利用するのがベスト


人気の無利息キャッシングとは、提示された期間中ならば金利0円で融資してもらえるうれしいサービスで、名の通った消費者金融などが新しい顧客を呼び込むために実施しています。

今すぐ現金を手に入れるために消費者金融を利用する際のルールを知る

この頃のキャッシングは多機能で、即日融資もできます。と言っても、当日内にお金を借りることが必要なら、「Webサイトからの申し込み」など、少しルールが設定されているので、事前にチェックしましょう。

よく知られている消費者金融の場合、申込を入れる際に「在籍確認は書類で行なってほしい」と申し出ることで、電話連絡による在籍確認をオミットしてお金を借りることが可能になることもあると教えられました。

今すぐ消費者金融の申し込みをするベストな方法はネットの活用

キャッシングの申込方法としては、郵送にて申込をするものと電話にて申込をするものの2つがあるのですが、今日ではパソコンなどを有効活用してホームページから申し込み申請する方法が大半を占めています。

おまとめローンを検討する際、多くの人が「どこに頼むと有利なのか?」を考えますが、その際は銀行系を選択すれば間違いないと断言します。

キャッシングの申込方法は複数存在しますが、特に人気を博しているのが、webからの申し込みのようです。キャッシング申込から審査を通ったかどうかの確認、身分を証明する書類の提出まで、すべてインターネットを介して行います。

通常は手間がかかる審査がすぐさま開始される「スピーディーなキャッシングの申込方法」と言えば、ネット経由の申込です。身分証明書類もネットを使って即送付できるので、申込完了とともに審査が始められるというわけです。

今すぐ現金が欲しいならスマホを使って10分で申込み完了


今では多くの人がスマホを持っていますから、スピーディな融資を希望するならパソコンではなく、スマホからの申込みがおすすめです。

スマホなら外出先でも申込めますし、身分証明書の写真もカメラですぐに撮って送れます。

業者にもよりますが、スマホで申込む際のおおよその流れは以下のとおりです。

1.スマホから消費者金融のサイトにアクセスして、必要な情報を入力・送信する
2.すぐに審査がおこなわれ、結果の連絡がくる
3.Web上で契約手続きをする
4.指定の口座にお金が振り込まれる

申込み自体は10分もかからずにできることが多いですし、混雑していなければ30分以内に結果連絡→1時間以内に振り込み、という流れも不可能ではありません。

一部の消費者金融では、申込みから借入れまですべての手続きができるアプリをリリースしていますので、それをダウンロードするのもおすすめです。

今すぐ現金が欲しいけど絶対にやってはいけない禁止事項について


今すぐ現金が必要な方の中には、あせるあまり、後先考えずにお金をつくってしまう人もいます。

たとえば、自分の持っているものを売る、という選択。不用品であれば問題ないのですが、大切にしているものまで勢いで手放してしまうと、後悔することになりかねません。

しかも、後からそれを「やっぱり買い戻そう」とすると、結局かなり高くついてしまうことに…。

「今月あと少し」を乗り切るために大切なものを手放すことは、あまりおすすめできません。とくに後から買い戻そうとするくらいなら、金利の低いところで融資を受けるほうがお金をムダにしない可能性もありますし、何より宝物を失わずに済みます。

しかも、消費者金融の中には「初めて利用する方に限り1ヶ月間無利息」のところもありますので、もし期間内に完済できるなら利用しない手はないでしょう。

返済の目処がまったくない借金(無理な借入は自転車操業の始まり)

現金が必要な時にやってはいけないことの1つが、ムリな借金をしてしまうことです。たとえば以下のような行為が考えられます。

・法外な金利をとる闇金融(ヤミ金)で借りてしまう
・上限額いっぱいまでクレジットカードを使って、リボ払いをする
・「クレジットカードの現金化」を利用する

まず、絶対に手を出してはいけないのが闇金融。電話やSMSで融資の勧誘をしてくる業者や、「ブラックOK」とうたっている業者などは高確率であやしいため、連絡をとらないようにしましょう。

もしうっかり手を出してしまうと、金利が高すぎて返済に苦しめられるだけではなく、暴力的な取り立てに遭うリスクもあります。

次に、クレジットカードの使いすぎにも注意が必要です。とくに「リボ払い」は、月々の返済額が減らせるため魅力的に思えますが、トータルで見るとものすごい額の利息がついて、何年たっても返し終わらない、ということも起きてきます。

また、街でよく見かける「クレジットカードの現金化」にもご注意を。これは、クレジットカードのショッピング枠を業者が買い取るサービスですが、大体15%以上の手数料が引かれるため、よく考えると割に合わないことがわかると思います。

たとえば10万円を現金化しても、15%の手数料を引かれるなら、実際に受け取れるのは85,000円。業者によっては、さらに何だかんだと理由をつけて30%ちかくの手数料をとることもあります。実際、闇金融のほうがまだマシなレベルという悪徳業者もいるのです。

現金を得ることを急ぐあまり、自分で自分の首をしめないよう十分に気をつけてください。

今すぐ現金が欲しいわけじゃない!そんな人はスピードより金利を優先しよう

思い掛けない出来事の時に助けてくれるのがキャッシングですが、どうせ借金しなければならないのであれば、いくらかでも金利を低減できるように、無利息キャッシングを打ち出している金融業者を利用すべきです。

おまとめローンを利用して借金を一本化するなら、言うまでもなく現在より低金利の銀行を選びましょう。

現在と変わらない利率のおまとめローンに乗り換えたとしたら、いいことは皆無だということになってしまいます。

消費者金融なら今すぐ現金が欲しいからといって即日融資が絶対かというと確実ではない

常に即日融資でお金を借りられるわけではないのです。たいていの業者は月~金までの平日14時までに手続きしなければ、申し込んだその日にお金をゲットすることはできないので注意しましょう。

「即日融資OK」と記載されていても、それを適えるためにパスしなければいけない条件は、金融機関によって微妙に違っています。この点につきまして、それぞれ詳しくご説明しようと思います。

即日融資で今すぐ現金が欲しいならカードローンの利用が最適

全国で営業展開している金融機関が注力しているカードローンの大半が、急なニーズに最適な即日融資に対応しており、ローン申し込みをした日に好きなようにお金を借りることができるのです。

仕事用の機械を買うなど、使用目的が絞られている目的別ローンは、金利の面においてフリーローンよりも一段と低金利となっています。自動車を購入するなど、目的が確定されている目的別ローンは、金利に関しましてはフリーローンよりも低金利になっているところが魅力です。

都銀や地銀のおまとめローンは街のサラリーローンより低金利で、百万円単位のローンの申し込みも受け付けているため嬉しい限りですが、審査にパスするのが難しく結果が出るのが遅い点が不満なところです。

今すぐ現金が欲しいけど在席確認など審査で周りにバレる不安は無用

いつでも即日融資で資金を調達できる仕組みにはなっていません。たいていの業者は月曜から金曜までの平日14時までに借り入れ手続きをしないと、申し込んだ日にキャッシュをゲットすることはできないので注意が必要です。

お金を借りるに際しては、在籍確認が必須であり、会社に連絡されるのが普通なので、「キャッシングを申込中であることが、周りの人に発覚してしまうのではないか?」と不安に駆られる人も多いだろうと推測します。

最近の消費者金融はお客さんのプライバシー保護を大事に考えてくれていますので、お金を借りる際の働いている場所への在籍確認の為の連絡も、消費者金融からだと分からないようにしてくれるので問題ありません。

借り入れに関する信用情報を精査することによって、「当の人物にお金を貸しても心配ないかどうか」をジャッジメントするのがカードローンの審査です。

キャッシングの申込方法はいくつかありますが、最も利用率が高いのがネットからの申し込みです。情報のインプットから審査の結果発表、本人確認の手続きまで、すべてオンライン上で実施できます。

即日融資OKな消費者金融でも振り込まれるまでの時間は違う!

即日融資を望むわけは、急にお金を調達しなければいけなくなった為なのですが、そうした状況ですから「収入証明書を用意してください!」と言われても、早々に用意することはできないでしょう。

消費者金融の場合、全体的にカードローンの審査は甘めで、銀行の審査がダメだった人でも問題なく通る場合があるそうです。ただし収入がゼロの人は利用することができないので、要注意です。

申込そのものの容易さ、審査結果が提示されるまでのスピード、口座に入金されるまでのスピードなどを念頭に、おすすめの消費者金融をランキング順に掲載して一般公開しております。

『即日融資』を打ち出していても、申し込みを入れるキャッシングサービス業者によって、即日にお金を準備できる時間帯が若干異なっているので、申し込み前にその時間帯を頭に入れてからアクションを起こさなければなりません。

即日融資で今すぐ現金を借りたい人におすすめのカードローン